auが「スーパーデジラ(20GB、30GB)」のテザリング無料期間を大幅延長、ソフトバンクの有料化に対抗

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクがギガモンスターのテザリングオプション有料化を発表したことを受け、auが思い切った対抗策を打ち出しました。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2016年9月15日より実施しているスーパーデジラこと「データ定額20」「データ定額30」の「テザリングオプション(月額1000円)」無料キャンペーンを、2018年3月31日まで延長するそうです。

なお、ソフトバンクは先日、ギガモンスター向けテザリングオプションの無料期間を2017年7月31日まで延長。2017年8月からは月額500円(当初の予定では1000円)を課金すると発表しています。

「データ定額20」、「データ定額30」等に関する「テザリングオプション」の無料キャンペーンを延長 | スマートフォン・携帯電話 | au

・関連記事
UQ mobileとワイモバイルの保証サービスを比較、スマホの画面割れや水没・全損時に便利でお得なのは? | BUZZAP!(バザップ!)

同性パートナーは「配偶者」に、KDDIが社内規定を改定 | BUZZAP!(バザップ!)

auの「Qua Station」が4月7日発売決定、1TB(1000GB)の写真や動画をどこでも保存・視聴可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加