ついにソニーすら圏外、スマホ世界シェアトップ10のうち7社が中国メーカーに

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホ年間出荷台数を元にした2016年のメーカーシェアが明らかになりました。詳細は以下から。

調査会社「IC Insights」が2014~2016年のスマホ出荷台数をまとめたデータによると、2016年のスマホ出荷台数は14億9000万台に達し、2014年(12億6000万台)比では激増したものの、2015年(14億3000万台)と比べると微増にとどまっています。

しかしランキングは2014年から2016年で激変しており、2016年にはトップ10に中国メーカー7社(Huawei、Oppo、Vivo、ZTE、Lenovo、Xiaomi、TCL)がランクイン。11位以下もGionee、Meizu、LeEco/Coolpadなど3社が並び、14位にようやくASUSがいる状況です。


なお、2014年に4000万台を出荷して10位にランクインしていたソニーは、2016年には1510万台にまでスマホ出荷台数を減らして圏外に。

「もはやスマホ市場は日本メーカーが戦える場所ではなく、日本人が聞いたことのない中国メーカーの方がよほど売れている」というのが現状です。

・関連記事
2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsなどを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

Androidのシェアがついに90%超えへ、iPhone 8(仮)の爆発的な人気を凌ぐ見通し | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホのディスプレイが格段に進化した理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhoneはインドで絶対売れず、Appleは失地を挽回できない」という分析が的確すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい
  2. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  3. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました
  4. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  5. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング