ついにスマホカメラ用の光学5倍ズームレンズ登場、コンパクトデジカメ市場が完全終焉か



スマホカメラの使い勝手が飛躍的に向上することになりそうです。詳細は以下から。

台湾メディアDIGITIMESの報道によると、台湾の光学部品メーカー・Asia Opticalがスマホ用の光学5倍ズームレンズを開発したそうです。

これはイスラエルのソフトウェア開発企業・Corephotonicsと協力して開発されたもので、非球面ガラスレンズピースとプラスチック製のレンズ4枚で構成。2017年末までに新製品の認証プロセスを開始するとのこと。

2018年第3四半期よりも前に中国のスマホメーカーに出荷される見込みとされています。

光学3倍ズームカメラを備えた初代「Zenfone Zoom」以来、更新されてこなかったスマホの光学ズームの倍率。


5倍まで引き上げられれば、「光学ズームができる」というのがスマホに対するアドバンテージだったコンパクトデジカメに、トドメが刺されることになりそうです。

・関連記事
Huawei P10とほぼ同性能の「Huawei Honor 9」、再び3万円台に値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

超広角+望遠クアッドカメラに6GB RAM、フレームレスな格安スマホ「DOOGEE MIX 2」発売 | BUZZAP!(バザップ!)

P10 Liteより安くてデュアルカメラ搭載の「Huawei honor 6X」、ついに1万円台に | BUZZAP!(バザップ!)

ドルビーアトモス対応&高画質カメラのハイエンドスマホ「ZTE AXON 7」が半額で処分中、P10 Liteよりも安価に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に

モバイルに関連した楽天商品ランキング