「Surface Go」国内発売決定、「お手ごろ価格399ドル!」のはずが税別6万4800円に

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイクロソフトの「Surface」シリーズに廉価版が加わったのですが、なんだかおかしなことになっています。詳細は以下から。

◆初の廉価モデルとなる「Surface Go」
これが2018年7月12日(木)から予約受付が開始され、8月28日(火)に発売される「Surface Go」。1800×1200の10インチPixelSenseディスプレイを備えています。


重さ約522グラム、薄さ8.3mmのコンパクトな軽量ボディやファンレスによる静音化を実現。プロセッサにはIntelの「Pentium Gold 4415Y」を採用。4GBメモリ/64GB eMMCないし8GBメモリ/128GB SSDのWi-Fiモデル2機種がラインナップされ、年内にはLTE版もリリースされる予定です。


「Surface Goタイプカバー(税別11800円)」などの周辺機器もラインナップ。


詳細なスペックはこんな感じ。500万画素フロント、800万画素リアカメラなども備えています。


◆廉価版のはずが……
なお、アメリカでの発表時の本体価格は4GBメモリ/64GB eMMCモデルが399ドルで、8GBメモリ/128GB SSDモデルが549ドル。

アメリカのマイクロソフト公式通販ページ。399ドルは一般向けの値段で、教育機関や軍隊関係者は379.05ドルで買えます。


しかし日本での販売価格は一般向けモデルが6万4800円、8万2800円。1ドル162円ないし150円という超・円安レートでの計算で、お手ごろ感は特にありません。


・追記
ちなみに国内版Surface Go(一般向け)はOffice Home & Businessをプリインストール。

「それなら高くなっても仕方がないか」と思われる人もいるかもしれませんが、64GB eMMCモデルはOSをインストールした時点で空き容量にさほど余裕がないはず。

にもかかわらずユーザーに選択の自由を与えず、一律でプリインストールするというのは、さすがにどうなのかという気になってしまいます。

・関連記事
Surface Proと同性能の「Cube Mix Plus」、ついに3万円台前半(Surface Goの半額)に | BUZZAP!(バザップ!)

えげつないコスパの格安スマホ「Huawei Honor 10」再び限定値下がり、入荷即完売相次ぐ人気機種に | BUZZAP!(バザップ!)

ただでさえ国内最安のSnapdragon 845スマホ「ZenFone 5Z」、えげつないほどの低価格で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加