auが4年縛り撤廃へ、ユーザーの負担増に懸念も



またiPhoneが高くなりそうです。詳細は以下から。

読売新聞社の報道によると、KDDIが「アップグレードプログラムEX」として提供している実質的な4年縛りを打ち切る方針を固めたそうです。

これは48回払いでスマホを買って2年後の機種変更時に返却すると残債がゼロになる、言うなればスマホ本体価格の負担を半分にするもの。

しかし同プログラムを用いて機種変更すると再び2年契約で縛られるため、利用者が他社に乗り換えるのは難しくなると総務省や公正取引委員会などが懸念していました。

アップグレードプログラムEX/EX(a) | スマートフォン・携帯電話 | au


確かにユーザーの流動性が下がってしまうものの、本体価格が10万円を余裕で超えるハイエンドスマホを手軽に利用できるというメリットがあったのも事実。

「縛られてもいいからハイエンドスマホを安く使いたい」という層にとっては、さらなる負担増を強いられる未来すら見えます。

一気に700を超える事業者が参入し、レッドオーシャン化してしまったMVNOになんとしてもユーザーを送り込みたい総務省の思惑が垣間見える今回の動き。

そのツケを支払わされるのが一般ユーザーとなるのだけは、避けてもらいたいところです。
Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年3月時点 (ブラック)Anker PowerCore II Slim 10000 (Power IQ 2.0搭載 大容量モバイルバッテリー) iPhone & Android各種対応Anker SoundCore 2 (12W Bluetooth4.2 スピーカー 24時間連続再生)【強化された低音 / IPX5防水規格 / デュアルドライバー / マイク内蔵】(ブラック)
・関連記事
技適強化を打ち出した総務省、今度は公衆無線LANの規制を強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

夜になると激遅になる「フレッツ光」問題、総務省があまりにも仕事をしていなかった | BUZZAP!(バザップ!)

「総無能」こと総務省・高市大臣、スマホ安売り規制で負担増の声に「使う側の選択肢は増えた」と謎反論 | BUZZAP!(バザップ!)

総務省が「技適マーク」さらに強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ値引き規制で携帯出荷が過去最低に、国内メーカー大打撃も総務省はさらに規制強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング