299ドルの「GPD MicroPC」発売へ、実用性を極限まで重視した超小型ノートに

このエントリーをはてなブックマークに追加



「GPD WIN」「GPD Pocket」など、ハンドヘルドWindowsマシンに並々ならぬこだわりを見せてきたGPDが、今度は「とにかく使える超小型格安Windowsノート」を発売するようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、GPDは2019年2月ごろに「GPD MicroPC」と呼ばれるシリーズ最低価格のWindowsマシン「GPD MicroPC」を投入する方針だそうです。


「GPD MicroPC」は6インチディスプレイにintelのCeleron N4100、4GB RAM、128GBのM.2 2242 SSD、6200mAhバッテリーを備えた299ドルの格安超小型ノートパソコンで、QWERTYキーボードだけでなくキーボード右上にタッチパッドも採用。


3つのUSB 3.0、充電用も兼ねたUSB Type-C、有線LAN、HDMIどころか、何を血迷ったのかシリアルポートまで搭載。microSDカードリーダーで容量拡張もできます。


ストラップでぶら下げることも可能。気になる重さは約440グラムです。


なお、GPD MicroPCの主なターゲットはネットワークエンジニアやシステム管理者など。プロトタイプとみられる写真も公開されていますが、想定された層のみならずモバイルノート愛好者に広く受け入れられそうな1台です。

・関連記事
GPD Pocket 2を下した「One Mix 2s」がペン付きで値下がり、「One Mix」も処分価格に | BUZZAP!(バザップ!)

「GPD WIN2」が国内最安値を大きく下回る価格に、画面・性能・排熱すべてが進化した最強ハンドヘルドマシン | BUZZAP!(バザップ!)

発売間近の「GPD Pocket 2」、いきなり国内価格より大幅割引されて販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング