15分間の瞑想には丸1日の休暇に匹敵するリフレッシュ効果がある

このエントリーをはてなブックマークに追加



休みたくても休めない、そんな毎日が辛い社会人に朗報です。詳細は以下から。

近年ブラック労働は全国的に問題視され始めていますが、だからといって自分がしっかり休む時間を取れるかはまた別問題。残業や休日出勤が当たり前という人もまだ多いのではないでしょうか。

もう帰りたい、休みたい、ハワイかイビサのビーチに寝転がってピニャコラーダ飲みたい、そんな希望が叶えられない場合はちょっと席を外して瞑想してみるといいかもしれません。

オランダのUniversity College Groningenで助教を務めるChristopher Mayさんは瞑想と休暇における心の集中、ポジティブな感情、ネガティブな感情の影響を比較しています。

それによると、1日15分間の瞑想によって1日の休暇に匹敵する程のリフレッシュ効果が得られるとのことです。

May助教の研究は、より大きな8週間にわたる瞑想に関する研究の一部として行われたもの。

May助教は15分のオーディオガイドによる瞑想を非連続的に2週間行った40人の学生被験者らのデータを使用。被験者らは8週間の実験期間中毎晩、幸福感や感情、心の集中などを評価する調査を受けていました。

被験者らは瞑想を行っていた日にはより低いレベルの「いらだち」などのネガティブな感情とより高いレベルの「感謝」などのポジティブな感情、さらに心の集中に関するいくつかの要素でもより高いレベルが報告されていました。

特筆すべきは「私は時計のチクタク鳴る音や鳥のさえずり、車の通る音に注意が向いた」と「私は自分の感覚に溺れることなくそれらを観察した」という叙述により賛同し、「自分の考えていることを表現する言葉を見つけるのが難しい」という叙述により反対しました。

こうした傾向は被験者らが休暇を取った際の報告と酷似しているとのことです。May助教は

15分の瞑想は心の集中という視点から1日の休暇に匹敵する、よく似た効果が得られます。瞑想と休暇の双方で周囲の環境への意識が高まり、経験した感情に対してより心の平静を保つことが報告されました。

と指摘します。休暇が幸福感やポジティブな感情を高め、ネガティブな感情を低めることは誰もが知るところですが、瞑想にも同様の効果が生じていることが分かります。


May助教は「時間がなければ瞑想用のクッションに座りなさい。時間があるならビーチチェアに座りなさい」とアドバイスをしています。

なおここで扱われている瞑想はあくまで初心者向けの短時間のもので、より長時間の専門的な瞑想を行えば、より劇的で高い効果を得られるとのこと。

なお、この研究はあくまでより大きな研究の一部であり、さらなる追試が必要とされるとMay助教は考えています。

特に休暇の内容では「海外のビーチなどに旅をする」ことと「自宅でゆっくりする」「趣味に没頭する」では効果に違いが出ることが想定されるとのこと。

いずれも楽しい時間ですが、その時間を取ってリフレッシュするのが難しい時は15分間の瞑想という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

初心者にはNHKなどでも紹介されている「マインドフルネス瞑想」がおすすめです。スマホ用アプリ(iOSAndroid)も出ているので活用してみるとよいでしょう。

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門
吉田 昌生
WAVE出版
売り上げランキング: 1,924

・関連記事
瞑想を実践する事で「脳の構造が物理的に変化する」ことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【無料DL】Moby(モービー)が4時間分のアンビエント楽曲を大放出中「睡眠、瞑想、ヨガ、パニック回避用にどうぞ」 | BUZZAP!(バザップ!)

あの瞑想音楽ループ装置「ブッダ・マシーン」が現代音楽の巨匠フィリップ・グラスとコラボレーション! | BUZZAP!(バザップ!)

これこそ究極の瞑想、物理と精神が完璧な高みで融合する「バランシング・ロック」とは | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加