新型「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」8月下旬から発売、バッテリー持続時間が大幅に向上

このエントリーをはてなブックマークに追加



ニンテンドースイッチに新型が登場します。詳細は以下から。

任天堂公式ページによると、同社は2019年8月下旬ごろからバッテリー持続時間が長くなった新モデルを順次発売するそうです。価格は2万9980円。

新型は画面サイズや解像度(6.2インチ、1280×720)、重さなどはそのままにバッテリー駆動時間が従来の約2.5~6.5時間から約4.0~9.0時間へと大幅に向上。

ネオンブルー・ネオンレッド


グレー


「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」にも新モデルが同梱されるとしています。


現行モデルと新型、そしてニンテンドースイッチライトのバッテリー持続時間を比較するとこんな感じ。


おそらくプロセッサの製造プロセスを微細化(シュリンク)したことで消費電力を抑えたものとみられる新型スイッチ。

消費電力が抑えられれば発熱も減るため、TVモード時のファンなどの音も気にならなくなりそうです。

・関連記事
「Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト)」19980円で9月20日発売、携帯特化の3DS後継機に | BUZZAP!(バザップ!)

「ニンテンドー3DS」8年間の歴史に幕、「廉価版スイッチ」などへ統合か | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂がスイッチの生産をベトナムに移管、ただしアメリカ向けのみ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームに関連した楽天商品ランキング