「HUAWEI nova 5T」速攻レビュー、4800万画素4眼カメラ&P30 Proと同性能の格安ハイエンドスマホに

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほど発表された「Huawei nova 5T(11/29発売予定)」の速攻レビューをお届けします。

フラッグシップスマホと変わらない性能で4眼カメラを備えながら5万円台……と、そのコスパは圧倒的です。詳細は以下から。

これが「HUAWEI nova 5T」本体。ベースモデルはHONOR 20で、6.26インチフルHD+(2340×1080)液晶ディスプレイを備えています。



左上には3200万画素パンチホールカメラ。


今までのノッチ同様、気になる人は隠すことができます。



背面には3750mAhバッテリーを搭載。付属の充電アダプタを使えば22.5Wの超急速充電も利用できます。


F1.8、1/2インチ約4800万画素カメラに約1600万画素超広角(117度、F2.2)カメラ、被写界深度補助カメラ(約200万画素)、マクロカメラ(約200万画素)の4眼仕様。


側面などはこんな感じ。


右側面に電源ボタンを兼ねた指紋認証センサーがあります。



ドコモやau、ソフトバンクのプラチナバンドLTEを含む多くのバンドをサポートしており、デュアルSIMも利用可能。microSDXCカードやNMカードは使えず、Type-Cアダプタを使う必要があります。


もちろんGoogle Playも使えます。


実際に触ってみたところ。


Huaweiお得意のAIを使った被写体認識で、ポートレートなどをきれいに撮ることができるHUAWEI nova 5T。



中価格帯にもかかわらず、十分高い暗所撮影性能も魅力です。


さらに9.1chの3Dサラウンドにまで対応してしまいました。これはすごい。


スペックはこんな感じ。Kirin 980、8GB RAM/128GB ROMを備えるなど、フラッグシップスマホ「Huawei P30 Pro」と大差ない性能で5万4500円という、かなり攻めた価格帯を実現したのがHUAWEI nova 5Tです。


別売の「HUAWEI FreeBuds 3」。アクティブノイズキャンセリング、骨伝導ノイズキャンセリング、風ノイズキャンセリングを実装しており、P30 Proなどのスマホ本体からのワイヤレス充電もサポートしています。



・関連記事
【速報】4800万画素4眼カメラの「HUAWEI nova 5T」発表、トリプルノイズキャンセリングの「HUAWEI FreeBuds 3」も | BUZZAP!(バザップ!)

4800万画素4眼スマホ「HUAWEI nova 5T」の魅力をファーウェイが解説、Kirin 980や9.1chサラウンドなど盛りだくさん | BUZZAP!(バザップ!)

国内未発売の「Huawei Mate 30 Pro」いきなり値下がり、人気の実力派UMPC「One Mix 3s」「MAG1」もお手ごろに | BUZZAP!(バザップ!)

政府主導で5G半導体国産化へ、ファーウェイやサムスン追撃にわずか1000億円の投資でエルピーダ・ルネサス・JDIの悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】Galaxy S10+、Xperia 1、Huawei P30/P30 Pro、AQUOS R3、Xiaomi Mi9のカメラを比較してみた【夜景編1】 | BUZZAP!(バザップ!)

2万円台の格安スマホ「Huawei Honor 9X」鮮烈デビュー、P30 liteを処理能力や4800万画素カメラで圧倒 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング