【大幅割引】150インチ4K HDR・3D立体音響対応「Anker Nebula Cosmos Max」など2機種の先行販売開始、Android搭載の高性能スマートプロジェクター

このエントリーをはてなブックマークに追加



壁いっぱいに映し出せる150インチ4K、しかも迫力の立体音響を楽しめるスマートプロジェクター2機種の先行販売をAnkerが本日からスタートさせます。詳細は以下から。

Ankerのプレスリリースによると、同社は2019年12月18日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で、スマートプロジェクター「Anker Nebula Cosmos Max」「Anker Nebula Cosmos」の2機種の先行販売を開始するそうです。

「Anker Nebula Cosmos Max」「Anker Nebula Cosmos」はAndroid 9.0を搭載しており、単体でNetflixをはじめとした各種動画配信サイトなどを利用可能。スマホで見たいコンテンツを選んでキャストもできます。

Anker Nebula Cosmos本体。


本体は楕円形で、2スピーカーないし4スピーカーを搭載。「ドルビーデジタルプラス」対応で、自然な広がりを見せる立体的な音響を楽しむことができます。


背面はこんな感じ。


HDMI端子など各種インターフェースを採用。パソコンやゲーム機などを接続してド迫力でコンテンツを楽しむこともできます。


「Anker Nebula Cosmos Max」は最大150インチ4K HDR/4スピーカー/1500ルーメンのプレミアムモデルで17万9980円、「Anker Nebula Cosmos」は最大120インチフルHD/2スピーカー/900ルーメンの普及モデルで7万9980円です。


大画面と立体音響によって、ド迫力でコンテンツを楽しめる「Anker Nebula Cosmos」シリーズ。

クラウドファンディングサイト「Makuake」では2020年3月17日18:00までの期間限定で先行販売が開始されており、5つの割引プラン(10~30%オフ)から選ぶことができます。

・関連記事
Ankerが怒濤の2019年冬ラインナップ発表、USB PD対応電源タップなど新製品盛りだくさん | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneとAirPodsとApple Watchを一気に充電できる「Anker PowerWave+ 3-in-1 Charging Station」速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

Ankerのダイソン対抗格安コードレスクリーナー「eufy HomeVac S11 Go」速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

AnkerがUSB PD対応モバイルバッテリーや薄型充電器をおしゃれにしたので速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

Ankerの2019年冬春モデル発表会「Anker Power Conference '19 Winter」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング