「男らしさ」信者の男性ほど、「男らしくない」とされると多大な身体的ストレスを受けると明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



信念にこだわりすぎて身体を壊すという、ある意味極めて繊細なお話でもあります。詳細は以下から。

男は強くあれ、タフであれ、自立しろ、弱みを見せるな、泣いてはいけない、そんな「男らしさ」をどれだけ発揮できるかでマウント合戦が繰り広げられる男社会。

近年はりゅうちぇるのような従来の「男らしさ」とはかけ離れた価値観のタレントが賞賛を集めるなど、日本でも以前に比べれば「男らしさ」信仰は薄れつつあるものの、2020年になってもしぶとく生き残っているのが現状です。


ですが、そうした「男らしさ」を強く信じる男性ほど、結果的に身体的に大きなストレスを受けていることが判明しました。

ケント州立大学のMary S. Himmelstein助教は男性の寿命が女性よりも平均5年ほど短い理由に興味を持ち、「男らしさ」が男性の身体的な健康にどのような影響を与えるかの研究を行いました。

Himmelstein助教は212人の男子大学生に理想的な職業についてのスピーチをしてもらい、リアルタイムで彼らの「男らしさ」の認識のフィードバックをコンピュータで収集。被験者らはその結果として「ランダムに」どれだけ男らしかったかというレーティングを受けます。

また被験者らからスピーチ前、スピーチ直後、スピーチ終了から10分後及び20分後に唾液を採取し、コルチゾールのレベルを検査しました。コルチゾールはストレスを受けた時に分泌が増えることからストレスホルモンとも呼ばれるホルモンです。

その結果「男らしさ」を強く信じる男性ほど、「男らしくない」とのフィードバックを受けた時にコルチゾール値が上昇。強いストレスを受けていることが分かります。


Himmelstein助教は「男らしさ」とは社会的ステータスであり、弱みを見せる、人前で泣くといった「男らしくない」振る舞いをすることで容易に失われてしまうものだと指摘。そして「男らしさ」信者ほど、その喪失によって大きなストレスを受けるとのこと。

男らしさを示し続けようと、常にタフでマッチョな男であり続けようとすることは、ストレス起因の心疾患や卒中を含む各種病気のリスクを増大させることになります。

もちろんどれだけ男らしくなろうとも上には上がいますし、寄る年波に勝てる人もいません。「男らしさ」勝負は不毛で終わりなきマウント合戦が続くのみです。


またHimmelstein助教はこうした「男らしさ」信仰は身体的のみならず、行動や振る舞いの面でも影響を及ぼすと考えます。ハイリスクな行動を好んだり、医師の忠告に素直に従わないといった「男らしさ」も健康リスクを増大させます。

これらの総合的な作用により、男性の寿命が女性より短くなるとHimmelstein助教は仮説を立てていますが、そうした「男らしさ」に縛られるのはもう止めた方がいいと指摘します。

男性も助けを求めるべきだし、メンタルヘルスに関しては特にそうした行為は弱さではなく強さなのだと見られるべきです。男性はDV被害や性暴力被害、不安や鬱などを訴えるハードルが高く、文化的に恥だと考えられがちです。しかしこれらは変わるべきです。

「男らしさ」にこだわって信奉する人ほど、その「男らしさ」が失われた時にストレスで健康に影響が出るというのは実にナイーブ。寓話のような滑稽ささえ感じさせられてしまうこの「男らしさ」に縛られて身動きが取れないのも窮屈な話です。

SUPER CANDY BOY
SUPER CANDY BOY
posted with amazlet at 20.01.10
RYUCHELL
ユニバーサル ミュージック (2019-04-10)
売り上げランキング: 194,936

・関連記事
【研究報告】男性ホルモンの多い男はソフトロックやヘビーメタルがお好き | BUZZAP!(バザップ!)

男女の制服を交換する山梨の高校での試み「セクスチェンジデー」に大反響 | BUZZAP!(バザップ!)

女性に最高の性的オーガズムを提供できる男性のタイプが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

世界の美意識の違いを「男性の理想的なプロポーション」で比べてみるとこんなことに | BUZZAP!(バザップ!)

「アナ雪」エルサのコスプレ男性、雪でスタックしたボストン市警のパトカーをレリゴー(物理)する | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ライフに関連した楽天商品ランキング