閉鎖中の水族館をナマケモノが探訪、イルカたちがお出迎え

このエントリーをはてなブックマークに追加



こんな事がなければ決して出会わなかったと考えると、なかなかに感慨深いものがあります。詳細は以下から。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、世界各地で公共施設の閉鎖が続いています。アメリカ合衆国のテキサス州立水族館もそんな施設のひとつでした。

そんな3月末のある日、この水族館に飼われているナマケモノのチコはスタッフたちによって館内周遊の旅に出ることになりました。クラゲやアヒルなどを観覧した最後にチコが出迎えられたのはイルカたちでした。


チコと会ったのはバンドウイルカのスクーナーとリコ。お互い初めて見る生き物に興味津々です。


木の枝に逆さにぶら下がったチコを見てリコもまねをして逆さに泳いでいました。


生息場所も生態もまったく違うナマケモノとイルカは普通に生きていれば出会うことはありません。新型コロナウイルスの蔓延での一時的な閉鎖で本来はあり得なかった出会いが起こったことになります。

セトクラフト 珍獣シリーズ アニマルティッシュケース(ナマケモノ) SF-3521
セトクラフト (2017-07-20)
売り上げランキング: 30,732

・関連記事
閉館中の水族館、美しいクラゲの映像をライブストリーミングし続ける神対応(音楽付き) | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】飼育員の真剣な手洗いを見たオラウータン、自分も手洗いを始める | BUZZAP!(バザップ!)

ギネスも認定、世界一のクラゲ展示数を誇る山形の加茂水族館が完全に異次元 | BUZZAP!(バザップ!)

タコはどんな音楽が好きなのか、多様なジャンルを聴かせた反応動画が面白いことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング