大人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」の大容量版が値下がり、2万円台前半に

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界初となる1億800万画素カメラを搭載した格安スマホXiaomi Mi Note 10で大きな話題をさらったXiaomi。

そのXiaomiが放つハイエンド級の各種スマホと渡り合える高性能スマホが2万円台前半に再び値下がりしています。詳細は以下から。

まずはスペックのおさらい。Xiaomi Redmi Note 9S。6.67インチフルHD+(2400×1080)のパンチホール式で、ゴリラガラスを採用した巨大で美麗なドットディスプレイを搭載しています。




特筆すべきは4眼のバックカメラ。4800万画素のメインカメラに800万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、200万画素の深度カメラを搭載。




ナイトモードやポートレートモードでの背景ぼかし機能なども搭載し、カメラの性能だけにとどまらない「映える」写真を撮影することができます。



加えてフロントカメラにも1600万画素のカメラを採用。AIを用いたポートレートモードなども搭載され、美麗な自撮りを撮影可能です。


プロセッサにはクアルコムが2020年1月に発表したばかりの最新型ミドルレンジの「Snapdragon 720G」を搭載し、6GB RAM/128GB ROMを採用。デュアルSIMカード対応で、別途microSDを用いればROMは最大512GBまで拡張可能です。


さらには大容量の5020mAhのバッテリーを備え、長時間のゲーミングなどにも適しています。


側面での指紋認証機能も搭載。


イヤホンジャックがあるのも人によっては高ポイントとなりそうです。


気を付けなければならないのは対応バンドで、ソフトバンクのプラチナバンドLTEには対応しているものの、ドコモでは非対応のためエリアが狭くなるほか、au回線には非対応となっており、ユーザーを選ぶことに。

3G:WCDMA B1/B2/B4/B5/B8
4G:FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20、TDD-LTE B38/ B40/B41

ということで、対応バンドや技適の問題はあるもののスペック的には非常に充実しており、ゲーミング機などとしてもかなりの使い勝手となりそう。

以下の通販サイト「Banggood.com」では、サイトにログイン後クーポンコード「BGJPSJ6194」を入力すると2万4175円にまで値下がりします。4月に同価格帯まで値下がりしたのが4GB/64GB版だったことを考えると、6GB/128GB版でこの値段というのはかなりの大幅値下げと言えそうです。

Xiaomi Redmi Note 9S Global Version 6GB/128GB | Banggood.com

・関連記事
超格安スマホ「ZenFone Max Pro (M1)」9000円台に値下がり、本格カメラと大容量バッテリー搭載の大人気SIMフリーモデル | BUZZAP!(バザップ!)

人気格安スマホ「Xiaomi Mi Note 10 Lite」、ただでさえ安いのにさらに大幅値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

格安超小型4Kジンバルカメラ「Xiaomi FIMI PALM」登場、DJI Osmo Pocketにない広角レンズなど充実の機能でより低価格に | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi Note 10 Pro」大幅値下がり、世界初の1億800万画素カメラスマホ最上位モデルが国内最安値を下回る | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  4. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  5. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい

モバイルに関連した楽天商品ランキング