SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナウイルス流行でパソコンの売り上げが伸びる中、好調とみられていた半導体製品業界が思わぬ事態に見舞われています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Samsungなどの大手半導体メーカーの在庫が積み上がり始めているそうです。

これはデータセンターなどの受注が減速していることや、新型コロナウイルス流行で消費者心理が全体的に低迷していることによるもの。

すでにパソコンやスマホなどのメモリとして知られるDRAMや、SSDやmicroSDXCカードなどに用いられるNANDフラッシュメモリの在庫が約4ヶ月分にまで膨れ上がっているとされています。

1TBモデルのmicroSDXCカードが1年で1/4近くになるなど、値下がり著しいフラッシュメモリ製品。

記録メディアの新調やパソコンのスペックアップを考えている人たちには朗報かもしれません。

・関連記事
【速報】大人気の「ZenFone 5」1万5000円に大幅値下げ続行、本格カメラやAIが便利すぎる高性能SIMフリー格安スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます | BUZZAP!(バザップ!)

世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング