「加湿空気清浄機」大幅値上がりで型落ち機種すら価格が2倍に、新型コロナで需要急増か



新型コロナ第3波が吹き荒れる中、思いも寄らない事態が起きています。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが大手価格情報サイト「価格.com」に掲載されている加湿空気清浄機たち。シャープやダイキンといった大手メーカー製の加湿空気清浄機が、軒並み2万円を超えています。


一番分かりやすいのが2016年に発売されたシャープ製の18畳モデル「KC-G40」。2020年12月7日20時現在、本体価格は2万798円(前週比1998円アップ)で販売されています。

価格.com - シャープ KC-G40 価格比較


「KC-G40」の価格変動履歴(過去2年分)はこんな感じ。2019年には1万1100円台で販売されていたにもかかわらず、今冬は2万2000円台をマーク。実に2倍に値上がりしたことが分かります。


2018年モデルの「KC-50TH3(シャープ製、23畳用)」が前週比5180円アップの2万980円に値上がりするなど、高騰著しい加湿空気清浄機。

例年にない値上がりですが、背景には新型コロナウイルスの流行があるとみられます。

・関連記事
Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」値下がり、120Hzディスプレイや6400万画素カメラ搭載でRedmi Note 9Sより高性能・低価格に | Buzzap!

えげつないほど安い高性能タブレット「Teclast M40」1万円台に値下がり、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデルで「P20HD」も格安に | Buzzap!

【大人気】Snapdragon 865搭載の超高性能スマホ「Black Shark 3」またしても大幅値下がり、ゲームのために生まれた1台が格安スマホ並の価格に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング