楽天モバイル「1年無料」も客集まらず、300万契約達成はサービス開始1年後か

このエントリーをはてなブックマークに追加



先着300万人限定で1年間無料!」と声高にうたってサービスを開始した楽天モバイル。

無料で高速通信サービスを体験できる、しかも実質0円のスマホも……となれば契約者が殺到するかと思いきや、伸び悩んでいるようです。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが総務省の「デジタル変革時代の電波政策懇談会(第2回)」で楽天モバイルが提出した資料。


楽天モバイルは1局あたり30~40%カバーエリアを増加したシンプルな基地局や世界初となる「完全仮想化モバイルネットワーク」を採用したことで、基地局の設備投資や運用コストを大幅に削減しました。


この企業努力によって「1年間無料」や各種手数料無料を実現しています。


しかし2020年4月の本格サービス開始から11月までの8ヶ月間で獲得できた契約数は179万。毎月22万ほどのペースで純増しており、サービス開始1年後も268万契約にとどまる見通しです。


入学シーズンや駆け込み需要を踏まえると、もう少し上振れするとみられるものの、ドコモのアハモやソフトバンクのSoftBank on LINE、そしてauの「20GB・2980円プラン」次第では伸び悩む可能性も十分にある楽天モバイル。

基地局関連コストが増加する中、「1年間無料」によって当面まとまった収益は見込めない同社ですが、契約初月から毎月ちゃんとお金を払ってくれるユーザーを獲得できるようになるのは、一体どのタイミングでしょうか。

・関連記事
Xiaomiの超格安スマホ「POCO M3」いきなり1万円台前半に値下がり、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリーで絶妙なバランス | Buzzap!

楽天モバイルが「スマホ実質0円」の年末年始大感謝祭、「Rakuten Hand」も発売わずか2週間で実質1980円に値下げ | Buzzap!

楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング