自由度が高過ぎる鬼畜系スマホRPG「Elona Mobile」4月20日正式リリース、強盗殺人、人肉食から奴隷売買までカバーしたフリゲを忠実リメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加



かつて自由過ぎるフリーゲームとして知られ、プレイヤーの時間をブラックホールのように呑み込み続けた異形のRPG「Elona」のスマホ版が正式リリースされます。詳細は以下から。

LTGAMES GLOBALがスマホ向けRPG「Elona Mobile」を4月20日に正式リリースすることを発表しました。


「Elona Mobile」は2007年リリースの伝説的フリーゲーム「Elona」のモバイル版。本家と違い、こちらはアイテム課金制で、ダイヤの購入で各種レアアイテムやガチャを楽しめます。


本作はローグライク系と呼ばれるタイプの派生形ですが、死亡時に育成したプレイヤーキャラのロストなどがなく(所持金などが減らされるのみ)、その意味ではフリースタイルRPGとでも言える内容。


最大の特徴はその自由度の驚くほどの高さで、メインダンジョン攻略という大枠のストーリーは存在するものの、「イルヴァ」と呼ばれる世界の「ノースティリス」という国で好きなように生活することができます。


街で依頼された仕事を引き受けてもよし、マップ上に自動生成されるランダムダンジョンを攻略してもよし、農業や牧畜に励んでもよし。

ですが一方で、窃盗や強盗、殺人といった犯罪も可能な上に、人肉を食べたり奴隷売買をしたり、大規模な無差別テロまで起こせてしまいます。


App StoreGoogle Playでは事前受付が始まっており、登録者数によって豪華プレゼントがもらえるキャンペーンを実施。80万人を超えると「妹の秘密の日記」が全員に配布されます。読んだら何が起こるかはもらってからのお楽しみ。

「自由すぎる鬼畜育成系JRPG」とサブタイトルが付けられているあたりはなかなか笑えますが、間違いなくどんな生き方を選ぶのかはプレイヤーの自由。


ただし、いくらでもなんでもやれるため無限に時間が吸い込まれていくことだけには注意が必要です。異世界での自由なライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

・関連記事
「ラスボス直前でゲームを放置する」症候群、武道や芸道に通じる日本人特有の現象でした | Buzzap!

【コラム】フォートナイト問題よりはるかに酷い「日米デジタル貿易協定」の新聞やテレビが報じない闇、日本政府も企業もGAFAに絶対逆らえない仕組みに | BUZZAP!(バザップ!)

懐かしさが込み上げてくる、20世紀のテレビゲームを巡る風景の数々 | BUZZAP!(バザップ!)


このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング