iPhone一括0円再び?「5Gスマホはスマホ割引上限(2万円)の対象外に」とAppleが総務省に要望



総務省のガイドライン改正で携帯各社に課されたスマホ本体の割引上限。

スマホが高価格化を迎える中、2万円という上限はなかなか厳しいものがありますが、Appleが動きました。詳細は以下から。

共同通信社の報道によると、Appleの日本法人が17日に行われた総務省の有識者会議に参加し、5Gに対応したスマホを電気通信事業法の割引制限対象から除外するよう要望したそうです。

これは日本が韓国などに比べて5G利用が低調なことを受けたもので、Appleは普及させるためには値引き幅の拡大が必要だと訴えたとのこと。

担当者は5Gの通信インフラと端末は不可分とした上で「高速道路(インフラ)が整備されたなら、そこを走る車(端末)が必要になる」とコメントしています。

型落ちスマホや不人気スマホの在庫処分すら規制するなど、総務省の介入がとんでもないことになっている携帯電話市場。

現在は携帯各社が終了を予定している3Gから4G/5Gへの移行のみ割引上限の対象外となっていますが、5Gを普及させ電波資源を有効活用したいのであれば、割引制限を見直すことも悪くないのかもしれません。

・関連記事
高性能すぎる5G格安スマホ「POCO F3」颯爽登場、Snapdragon 870や美麗有機EL、立体音響採用で3万円台のハイエンドモデルに | Buzzap!

「不人気、型落ちスマホの投げ売り」を総務省が禁止へ、ガイドライン改正でiPhoneが有利になりAQUOSやXperiaには大打撃 | Buzzap!

【コラム】まさに「格安iPhone」、楽天モバイルのiPhone 12やiPhone SEはどれだけ安いかランニングコストを速攻チェック | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  3. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  4. 【速報】iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に
  5. 【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か

モバイルに関連した楽天商品ランキング