ドコモが2021年冬春モデル3機種発表もエントリー、シニア向けのみの寂しい内容に



ドコモの2021年冬春モデルが発表されました。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2021年冬春モデルとして「Galaxy A22 5G SC-56B」「あんしんスマホ KY-51B」「らくらくスマートフォン F-52B」を順次発売するそうです。

「Galaxy A22 5G SC-56B」。約5.8インチHD+(1560×720)ディスプレイにMediaTekのDimensity 700、4GB RAM/64GB ROM、約1300万画素カメラ搭載の5G対応エントリーモデルです。


シニア向けとなる「あんしんスマホ KY-51B」「らくらくスマートフォン F-52B」。いずれもSnapdragon 480採用で5Gにも対応。6.1インチフルHD+(2400×1080)液晶と4800万画素カメラないし5.0インチフルHD+(1980×1080)有機ELと1310万画素ほか3眼カメラを搭載しています。


なお、すでに発表済みの機種を含めた2021年冬春モデルは以下の8機種(カッコ内は発売日)。めぼしいものが全て先に発表され、残ったのが今回の3機種ということになります。

・ハイスペックモデル
Galaxy Z Flip3 5G SC-54B(2021年10月6日)
Galaxy Z Fold3 5G SC-55B(2021年10月6日)
Xperia 5 III SO-53B(2021年11月中旬以降)

・スタンダードモデル
AQUOS sense6 SH-54B(2021年11月中旬以降)
arrows We F-51B(2021年12月上旬以降)
Galaxy A22 5G SC-56B(2021年12月中旬以降)

・シニア向け
あんしんスマホ KY-51B(2022年2月以降)
らくらくスマートフォン F-52B(2022年2月以降)

・関連記事
【速報】ドコモがAndroid 12バージョンアップ機種発表、Xperia 1やAQUOS R3など外れるもGalaxy S10は対象に | Buzzap!

ドコモが5Gの通信品質向上へ、4Gと組み合わせ「パケ止まり」防止、人口カバー率も55%目指す | Buzzap!

「ドコモでんき」電撃発表、dポイント連携のお得プランや再生エネルギー活用ひっさげ電力事業に参入 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  3. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  4. XiaomiがOSアップデートを3世代前のスマホにも提供へ、OS軽量化で快適なレスポンスも
  5. 【追記あり】「Xiaomi 13」国内発売か、Snapdragon 8 Gen 2最速搭載で1インチセンサーの「Pro」含め12月8日発表の可能性

モバイルに関連した楽天商品ランキング