AIと車載カメラで除雪を効率化、NTTコミュニケーションズが実証実験開始



この季節に日本海側に攻め入る「白い悪魔」への有効打になるでしょうか。詳細は以下から。

NTTコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は2022年2月4日から、車載カメラで収集した映像データをもとにAIで積雪状況を分析・可視化する実証実験をより開始するそうです。

これは県内全域が豪雪地帯に指定される山形県と連携し、その中でも特別豪雪地帯指定の米沢市と高畠町で実施されるもの。積雪による交通機関の障害や停電などは、こうした雪国の冬では珍しくありません。

この実証実験では除雪業務の効率化のため、現地の積雪状況をリアルタイムに「可視化プラットフォーム」の地図上に表示。状況把握の効率化や、緊急度に応じた除雪車の早期手配などを目指します。


具体的には、車載したクラウド録画カメラサービス「coomonita」で撮影した映像を加工し、リアルタイムに地図上へマッピング。

実験のStep1では道路を中心とした積雪状況のデータを可視化して自治体へ提供し、Step2ではこれに加えて道路の幅員、事故、道路陥没状況などをAIで画像分析した結果を提供します。


実証実験の成果を踏まえて積雪アラートなど機能の追加開発を行うほか、AIアルゴリズムを高度化させ、積雪状況に加えて道路の損傷検知や地域防犯へ活用範囲を拡大し、全国展開をめざすとのことです。

人口減少や人手不足が続く中、日本海側の冬では生活に直結する除雪の効率化は大きなメリットになります。

また道路の老朽化も各地で問題となっており、早期対策ができれば事故防止の観点からも非常に有効と言えそうです。

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. 1万円台の超格安パソコン「BMAX MaxMini B1」値下げ、拡張性十分でポケットサイズのコンパクトボディに
  2. 超格安パソコン「GREEN G2」好評で値下げ再び、高性能CPUに16GBメモリ/512GB SSD採用で仕事でもプライベートでも大活躍
  3. 【速報】最新パソコン「GREEN G3」値下げで2万円台に、十分使えるCPUや8GBメモリ/256GB SSD搭載の超格安モデル
  4. 最強ポータブル電源「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」大きく値下げ、スマホ100回以上フル充電やドライヤーにも対応でバッテリー寿命は約6倍に
  5. 超格安の高性能パソコン「TRIGKEY Speed S」大幅値下げ、大人気の「GREEN G2」から性能2倍で価格は据え置き

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング