「LIVE A LIVE(ライブ・ア・ライブ)」リメイク版がニンテンドースイッチで発売決定、スーファミ伝説のRPGが待望の復活



まさかの、あのスーファミ時代に伝説となり、現代まで語り継がれる名作RPG作品がリメイク決定です。詳細は以下から。

1994年にスクウェア(当時)が発売したスーパーファミコン向けRPGソフト「LIVE A LIVE(ライブ・ア・ライブ)」のリメイク版がニンテンドースイッチで7月22日(金)に発売されることが発表されました。

原始時代や幕末、近未来など時代も主人公もばらばらな世界を好きな順番で選んでプレイできるのが大きな特徴。


世界ごとにゲームシステムや目的がまったく異なるのも大きな魅力です。




ドットとCGを融合した映像表現「HD-2D」技術を採用し、美麗なグラフィックやエフェクトを実現。キャラクターボイスも実装されています。


オリジナル版は7人の有名漫画家がキャラクターデザインを務めており、そうした関係からもリメイクは困難と噂されていた本作。映像を見るとキャラクターは当時のものを踏まえつつ一新されています。また楽曲も下村陽子氏監修でフルアレンジとのこと。

公式の紹介動画は以下から。


価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに税込み7480円でニンテンドーeショップから予約が開始されています。

・関連記事
スーファミ名作の完全リメイク「アクトレイザー・ルネサンス」ニンテンドースイッチ、PS4、Steam、スマホで本日同時発売 | Buzzap!

ゲームセンター「SEGA」消滅、全店舗が「GiGO」に変更へ | Buzzap!

レゴとファミコンが異次元の融合を果たしたストップモーション動画「8-Bit Trip 2」、執念に満ちた制作9年の怪作に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう