「スマホ値下げ」は今後も絶望的、本体価格どんどん上昇へ



スマホ本体の値下がりは期待できそうにありません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、スマートフォンの平均価格がまもなく300ドルを突破する見通しだそうです。

これは2013年以来最高となる数値。背景にはアフリカやアジア太平洋地域が平均価格を引き下げる一方、高価な折りたたみスマホの普及が挙げられています。

なお、このような兆候は「Galaxy Z Fold」「Galaxy Z Flip」が好調な韓国が日本から「世界で一番スマホの平均価格が高い国」の座を奪ったことからも顕著に。

中国メーカーの出荷台数が2億台近く減少するなど、市場が厳しい状況へと差し掛かる2022年すら2%増加する見通しで、価格の高騰は少なくとも2027年まで続くとみられています。

・関連記事
Xiaomi新型格安スマホ「POCO X4 Pro」値下げで3万円に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、液冷機構搭載でマルチキャリアにも対応 | Buzzap!

Xiaomi「Redmi Note 11s」発売早々2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに | Buzzap!

【速報】「Xiaomi Pad 5」値下げ再び、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデル大容量版が格安に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう