ソフトバンク「AQUOS R6」1円で投げ売り、1インチセンサーの一眼カメラスマホが回線契約なしでも大幅割引



本体価格20万円の新型フラッグシップスマホ「AQUOS R7」発売を前に、現行モデルの投げ売りがスタートしました。詳細は以下から。

◆ハイエンドスマホ「AQUOS R6」が処分価格に
Buzzap!編集部に読者から提供された情報によると、都内の大手家電量販店でソフトバンク版「AQUOS R6」を対象に大幅割引が行われているようです。

これはMNPや新規契約でAQUOS R6を48回払いで購入し「新トクするサポート」に加入すると毎月1円を支払うだけで済むというもの。回線契約なしでも4万4952円の割引を受けることができます。


なお、2年後に本体を返却する必要がありますが、仮にそのまま使い続けてもトータルの支払額は6万6936円。実に半額以下で済んでしまうわけです。

◆ライカが監修した"あえての1眼カメラ"スマホ
AQUOS R6本体。シャープ独自開発の約6.6インチWUXGA+(2730×1260)「Pro IGZO OLED」有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォンで、高精細さとバッテリーの持ちを両立させるためにあえて「フルHD以上、WQHD未満」の解像度を採用しています。


手に持ったところはこんな感じ。特に持ちづらさはありません。


背面にはF1.9、2020万画素カメラを搭載。ライカとのパートナーシップにより実現した1インチセンサーおよびライカのSUMMICRON(ズミクロン)7枚レンズを採用したAQUOS R6のカメラ。3眼、4眼が当たり前のスマホカメラで、あえて1眼ですべてをカバーしました。


1眼でありながら超広角~6倍ズームまで可能。3倍以上は超解像技術を用いることで、ディティールを損ねないようにしてあります。


さらに光学を使った背景ぼかしも可能。人物撮影の際に、デジタル一眼で撮ったような自然なボケを生み出すことも。


カメラの設定メニューはこんな感じ。まずは写真ですが、標準カメラでQRコードを読める点や構図取りをアシストしてくれる「インテリジェントフレーミング」などは非常に便利です。


5000mAhの大容量バッテリーを採用。「長エネスイッチ」を使えばバッテリーの持ちを伸ばすことができます。


本体上部にはSIMカードおよびmicroSDカードスロット。microSD非対応スマホが増える中、容量を増設できるのは非常にうれしいポイントです。
>

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。パール感あるホワイトのため、女性でも持ちやすいのが特徴です。


・関連記事
【速報】格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル | Buzzap!

Core i9超えでゲームもできる格安PC「TBOOK MN45」値下げで5万円台に、Ryzen採用でトリプルディスプレイ対応の超小型モデル | Buzzap!

【速報】Core i7搭載で競合の半額な格安ハイエンドPC「NVISEN MU02」値下げ再び、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング