新型「iPhone SE(第4世代)」やはり大画面化、iPhone XRベースでTouch ID存続か



「年老いた両親に画面が大きいiPhoneを持たせたい」といったニーズにも応えてくれる1台となりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、ディスプレイ産業に25年間携わっている調査会社「DisplaySearch」の主任アナリストRoss Youngさんが第4世代にあたる新型iPhone SEの仕様についてコメントしたそうです。

かつて新型iPhone SEは5.7~6.1インチの液晶ディスプレイを搭載すると予測されていましたが、6.1インチディスプレイを備えたものになる公算が大きいとのこと。

iPhone 14 Proのような「パンチホールカメラとDynamic Island」でなく従来のノッチを採用するため、iPhone XRのような見た目になる一方、コストカットのためにFace IDでなくTouch IDセンサーを本体側面に採用するとみられています。

なお、Youngさんは「iPhone 12 Pro」の仕様を当ててのけた人物。2024年発売とされていることから、まだ仕様が変わる余地はあるとみられますが、少なくとも大画面化することは間違いないようです。

・関連記事
「iPhone SE(第3世代)」いきなり販売不振か、前モデルすら下回るおそれも | Buzzap!

「iPhone 15 Ultra」超望遠カメラや大容量バッテリー搭載で8K動画撮影可能か、ただし本体価格さらに値上げ | Buzzap!

「iPhone 15」もProのみApple A17搭載へ、3nmプロセス採用で処理能力の差が圧倒的に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング