サムスンがスマホ販売不振、「Galaxy S23」投入も前年割れ必至でアップルの追い上げも



2億画素カメラ搭載で大きく進化した「Galaxy S23 Ultra」発売や、4回のOSアップデートを格安スマホでも保証するなど、ユニークな動きを見せているSamsungのスマホ事業。

しかしあまり思わしくない業績であることが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungの2023年第2四半期のスマホ販売台数が約5500万台にとどまる見通しだそうです。

これは前年同期の販売台数(6250万台)と比べて12%減にあたる数字。主力の「Galaxy S23」シリーズを発売した第1四半期の販売台数が6150万台だったことを踏まえても、不振と言わざるを得ません。

とりわけ販売台数を押し上げているミドルレンジ~エントリースマホ「Galaxy A」シリーズの不振が大きいとされており、世界的な景気後退でスマホの販売台数が落ち込む中、格安スマホ市場でXiaomiなど中国メーカーを相手に苦戦を強いられているものとみられます。

2023年当初の販売目標だった2億7000万台どころか、2022年の販売台数(2億6000万台)を優に下回ることすら確実視されつつあるSamsung。

不景気にもかかわらず2023年第1四半期の販売台数が前年同期比2%しか落ち込まなかったAppleの追い上げもあるだけに、今後どのようなテコ入れを行うのかが気になるところです。

・関連記事
【カメラ比較】「Galaxy S23 Ultra」でiPhone 14 ProやPixel 7 Proと夜景を撮り比べてみた | Buzzap!

廉価版「Galaxy S23 FE」まもなく発売、S23シリーズ販売不振で早期投入へ | Buzzap!

格安スマホ「Galaxy F54」まもなく発売、より大きな6.7インチ有機ELに1億画素カメラや大容量バッテリー搭載でA54の完全上位互換に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング