基本料0円のpovo2.0「Google Play」のポイントが使えるように、アプリ購入や課金でギガを無駄なくゲット



以前実施されていたサービスが、好評により復活するようです。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は本日8月31日(木)から「Google Play Points」と一部のトッピングを交換するサービスを再開するそうです。

Google Play Pointsは「Google Playストア」で有料アプリや電子書籍などの購入、アプリ内課金を行うと通常100円につき1ポイント溜まるもので、交換できるデータ容量は以下の通りです。

・データ使い放題(24時間):330ポイント
・データ追加3GB(30日間):990ポイント

ストアの年間利用額に応じてブロンズからダイヤモンドまでステータスが変動し、高ランクほどボーナスや特典が増えるGoogle Play Points。

「いつの間にかかなりたまっている」ということも多いため、使うアテがなければ試してみるのもいいかもしれません。

・関連記事
「Pixel 7/7 Proが25%オフ」povo2.0が太っ腹企画、なんと他社ユーザーでもOKでデータ使い放題までプレゼント | Buzzap!

povo2.0「月1GBまで495円」の格安トッピング提供、月10GB使える長期間トッピングも期間延長で連休明けや新学期までお得に | Buzzap!

【最大50%オフ】povo2.0「1GBが195円」「月間30GB以上使えて2000円ちょい」など小~大容量すべてをカバーする月末セール開催 | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)