【iPhone 15特集】止まらないiPhone値上げ、実は日本市場だけの問題でした



気が付けば最も安価なモデルですら12万円台になってしまった「iPhone 15」。

早くも「いい加減手が届かない」「型落ちの安いのを買うつもり」などといった声も聞こえているところですが、ここで知っておきたいデータがあります。詳細は以下から

まず見てもらいたいのが、日本でのiPhone 12からiPhone 15までの価格の推移(SIMフリー版、発売当時)。最も安価なモデルを比較したものですが、たった4年で1.5倍近くに膨れ上がっています。

iPhone 12:8万5800円
iPhone 13:9万8800円
iPhone 14:11万9800円
iPhone 15:12万4800円

しかし本国アメリカではいずれも変わらず799ドル。つまり、iPhoneの値上げは円安が急速に進んだ結果なわけです

iPhone 15も発表会で「お値段据え置き(799ドル)」と告知されていましたが……


日本市場ではやはり円安の影響か、容量を問わず5000円値上げされています。


Appleが100ドルの値上げに踏み切った「iPhone 15 Pro Max」に至っては、最低ストレージが256GBに引き上げられたものの2万5000円も高くなっていることからも、深刻だと言わざるを得ない昨今の円安。


気が付けば国内のメーカーが壊滅し、海外勢のスマホを買うほかない状況に追いやられているだけに、消費者にとって大きな痛手となりつつあります。

・関連記事
【発表記念】iPhone 15記事まとめ、価格や発売日、解説など各種情報が一目で分かります | Buzzap!

【悲報】新型「iPhone SE(第4世代)」開発中止か、Appleが独自モデム開発失敗でクアルコムとの契約を2026年まで延長 | Buzzap!

「中国政府がiPhone禁止」でApple時価総額31兆円消滅、ファーウェイと競争激化で2000万台販売減も | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品(PR)