裏には「iPhone人気低迷」とHuaweiの陰、Microsoftが2年ぶりにApple超えを果たす


2大巨頭にして永遠のライバルとも言えるMicrosoftとAppleの関係に大きな変化がありました。

Microsoftの企業努力のたまものか……と思いきや、Appleはかなりの窮地に立たされているようです。詳細は以下から。

ロイター通信の報道(12)によると、1月12日に株式時価総額でMicrosoftがAppleを抜き、2年ぶりに首位を奪還したそうです。

MicrosoftがAI分野での競争で優位に立っていることが好感を持たれていると分析されていますが、今年に入り2つの証券会社がiPhoneなどApple製品の需要低迷に懸念を示し、投資判断を引き下げた影響も大きいとのこと。

実際、昨年には「最大のiPhone市場」であるはず中国において、アメリカによる経済制裁の中にもかかわらずHuaweiのスマホが台頭し、iPhoneの売れ行きが大きく落ちる事態になってしまっていました。

2月2日に発売される複合現実ヘッドセット「Vision Pro」も、アナリストらに「比較的重要ではない」と判断されるなど、雲行きは決して良いとは言えないApple。

再び首位に返り咲くにはやはり主力商品であるiPhoneの人気が必要不可欠になると思われますが、SamsungやXiaomi、Huaweiといったライバルが存在感を増す中で意地を見せつけることはできるのでしょうか。

・関連記事
「iPhone 16は全機種がApple A18搭載」ほぼ確実か、無印でも処理能力やバッテリー寿命大幅アップで徹底的な差別化緩和へ | Buzzap!

ファーウェイ「Harmony OS」シェアiPhone超えへ、プロセッサ不足も解消で独自路線が加速 | Buzzap!

「第2のiPhone」元Apple設計者やデザイナー多数起用で開発か、AI重視で完全対抗へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]