「Zenfone 11 Ultra」発売へ、144Hz対応大画面有機ELやSnapdragon 8 Gen 3、大容量メモリ搭載のゲーミング仕様に



「Zenfone 11」の仕様もまだわからない中、なんと上位機種の存在が詳細と共に明らかになってしまいました。詳細は以下から。

海外の巨大掲示板「reddit」での投稿によると、ASUSが「Zenfone 11 Ultra」を開発しているそうです。

これは「ROG Phone 8」の最新ファームウェア内にレンダリング画像などが混入していたことで明らかになったもの。

かなり詳細なスペックシートも存在しており、メモリとストレージは複数モデルが展開される可能性が高いものの、現状以下の仕様が確認できます。

◆Zenfone 11 Ultra
ディスプレイ:1-120Hz可変、最大144Hz表示対応6.78インチフルHD+(2400×1080)有機EL(Samsung製)
プロセッサ:Snapdragon 8 Gen 3
メモリ:16GB(LPDDR5X)
ストレージ:512GB(UFS4.0)
背面カメラ:5000万画素広角(Sony IMX890)、1300万画素超広角、3200万画素望遠(光学3倍ズーム)
正面カメラ:3200万画素
バッテリー:65W超急速、15Wワイヤレス充電対応5500mAh
その他:3.5mmイヤホンジャック、デュアルスピーカー

見た目はこんな感じ。Zenfone 10に似ても似つかず、ROG Phone 8のような印象を受けます。


カラーは「Eternal Black」「Skyline Blue」「Misty Gray」「Verdure Green」「Desert Sienna」の5色展開。


Zenfone 11 Ultraと書かれた外箱の画像。これがなければ「ROG Phone 8 Pro」だと認識されていたでしょう。


「ROG PhoneのProモデルは廃止され、今後Zenfone Ultraに統合される」とも推測されている今回の件。確かに、他社スマホの高性能化で立場が危ういゲーミングモデルを縮小する流れは理にかなっています。

Zenfoneに注力することで生き残りを図るのであれば、今までより多くのユーザーに近しい存在として、日本を含めた多くの国でのシェア拡大が望めそうです。

・関連記事
「ASUS Chromebook CM30 Detachable」auが発売、4G LTE対応で着脱できるキーボードや4096段階筆圧のペン搭載 | Buzzap!

【朗報】ASUS「Zenfone 10」で終了から一転シリーズ継続へ、まもなく国内発売で小型スマホファン大歓喜の展開に | Buzzap!

ASUS「ROG Phone 8」発表、Snapdragon 8 Gen 3や24GBのメモリを備えた唯一無二のゲーミングスマホに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)