ソニー最新スマホ「Xperia 1 VI」ついに『縦長(21:9)』卒業か、4Kディスプレイも撤廃へ


「縦に長すぎる」「横幅が足りない」

そう感じていた人に朗報かもしれません。詳細は以下から。

海外の情報提供者によると、ソニーは今年発売するフラッグシップスマホ「Xperia 1 VI」のディスプレイに手を加えるそうです。

Xperia 1シリーズは画面分割して2つのアプリを楽しみやすいアスペクト比21:9の縦長ディスプレイが特徴ですが、一般的な「19.5:9」の比率に変更するとのこと。

ディスプレイ解像度も従来の4Kから2K+に落ちるとされているXperia 1 VI。

解像度が低くなれば、そのぶん処理が軽くなることでバッテリー駆動時間が伸びるほか、ディスプレイのコストカットも図ることができるため、高騰を続ける本体価格を引き下げる要因にもなりそうです。

・関連記事
「Xperia」消滅か、ソニー新スマホがアンダーディスプレイカメラ採用でブランドやデザインを根幹から見直す可能性 | Buzzap!

「Pixel」カメラテストで1位~3位独占、2000万票の調査により最下位はXperia 1 Vでコスパランキングも発表 | Buzzap!

ソニー「PS5 Pro」年内投入か、販売不振や利益率低迷でゲーム事業テコ入れへ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]