【終戦】「 #日本国紀 」、朝日新聞社の著作物まで無断転載していた

このエントリーをはてなブックマークに追加

「男系」を父親が天皇と勘違いする、十七条憲法は民主主義、2018年が「平成最後の年」といった根本的な間違いにとどまらず、Wikipediaや新聞のコラムから意訳部分まで含めた引用元を明記しない無断転載が発覚するなどした百田尚樹の日本国紀。 著作権法に抵触する状況にもかかわらず無告知、改版でなく重刷で大幅に内容を修正するなど、出版元の幻冬舎の対応にも問題点が多々あることが先日明らかになりましたが、ここにきて致命的なミスが発覚しました。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)

コピペ剽窃や無告知大幅修正の舞台裏も解説?あの「 #日本国紀 」の副読本が出版へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

はたして大量のコピペ剽窃や第5刷での無告知大幅修正の舞台裏が明かされるのでしょうか?期待が高まります。 (さらに…)(続きを読む...)

「 #日本国紀 」第5刷でこっそり大幅修正、「法的措置」「多額の賠償」と脅していたコピペや誤りの指摘は事実でした

このエントリーをはてなブックマークに追加

「男系」を父親が天皇と勘違いする、十七条憲法は民主主義、2018年が「平成最後の年」といった根本的な間違いにとどまらず、Wikipediaや新聞のコラムから意訳部分まで含めたコピペが発覚するなどした百田尚樹の日本国紀。 引用元すら明記しないなど、大学生のレポート以下のずさんな執筆および編集体制に批判が寄せられていましたが、こっそり修正を図っていたことが明らかになりました。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)

日本国紀のコピペや誤りを指摘した人たちに法的措置をちらつかせる百田先生や有本さんの過去発言をお楽しみ下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加

トンデモ歴史本「日本国紀」にWikipediaなどからのコピペがあることを指摘したり、内容の誤りを指摘した読者に対し、著者である百田尚樹と編集を担当した有本香が法的措置を検討しています。 そんなふたりは言論に対する法的措置について過去にどのように発言していたか見てみましょう。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)

【追記あり】百田尚樹が「 #日本国紀 」でWikipediaなどからのコピペを自供

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で「日本コピペ紀」「日本ウィ紀」だったことを認めてしまいました。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)

百田尚樹の「 #日本国紀 」、Wikipediaなどからのコピペが発覚してしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史書のような体を装いつつ学術的な裏付けはゼロ。文字通り「ぼくがかんがえたさいきょうのれきし」の上に、後半は架空戦記ファンタジーという、歴史学に後ろ足で砂をぶっかけるような内容が波紋を呼んでいる「日本国紀」。 Buzzap!でその内容のトンデモっぷりを紹介したところ、「ウルトラライト(Ultra-right)ないしオルトライト(Alt-right)ノベル」とまで呼ばれてしまいましたが、新たにコピペ疑惑が浮上しました。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)

百田尚樹の新感覚ライト(right)ノベル「 #日本国紀 」の闇深い内幕が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

発売と同時にツッコミの嵐が巻き起こっているウルトラライト(Ultra-right)ないしオルトライト(Alt-right)ノベル「日本国紀」の興味深い内幕が明らかになっています。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)

百田尚樹のトンデモ歴史本「 #日本国紀 」に各所からツッコミ多数、なぜか中央大学生協は絶賛販売

このエントリーをはてなブックマークに追加

全方位ツッコミ待ちの鉄板ギャグ本、新感覚異世界転生ライトノベルの大作として大評判ですが、中央大学生協はなぜか「日本通史の決定版!」と絶賛しています。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)

【追記あり】百田尚樹、日本国内でのテロを予告

このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮情勢の緊張に耐えられなくなったのか、作家の百田尚樹が国内でテロ組織を作り、日本国内でテロを行っていくことを宣言しました。 (さらに…)(続きを読む...)

塚本幼稚園絶賛の百田尚樹率いる「視聴者の会」が放送法を盾に森友学園報道を批判、辻元デマも登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

慌てて泥船から逃げ出しただけでは不安だったのでしょうか?かつては塚本幼稚園を絶賛し、講演まで行った小説家の百田尚樹を代表呼びかけ人とする「放送法遵守を求める視聴者の会」なる極右組織が森友学園に関する報道を「バランス欠く」と批判し、失笑の的となっています。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)