国内最速、下り最大440Mbpsの「Speed Wi-Fi NEXT WX03」速攻レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

下り最大440Mbpsの高速通信を実現するモバイルルーターが登場します。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社が2016年12月上旬に発売を予定している「Speed Wi-Fi NEXT WX03」はWiMAX 2+のキャリアアグリゲーション(CA)および4×4 MIMOをサポートしており、2016年10月時点で提供されているモバイルWi-Fiルーターとしては国内最速となる下り最大440Mbpsの高速通信に対応。

上り回線にはCAと64QAM変調方式を採用することで、上り最大30Mbpsを実現。モバイルルーターで上下ともにCAを採用するのは、同モデルが初となります。









なお、2017年にはNTTドコモがTD-LTEとFDD-LTEを組み合わせて下り最大682Mbpsの超高速通信を実現するモバイルルーター「Wi-Fi STATION N-01J」を発売する予定。

国内最速の座を数ヶ月で明け渡すことになりますが、WiMAX 2+はドコモのTD-LTEよりも基地局1台あたりのエリアが広く、すでに基地局の全国展開を済ませているというアドバンテージがあります。

・関連記事
格安スマホ「UQ mobile」が2016年秋冬モデル発表、まさかの独自モデル「Huawei P9 Lite Premium」も | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ一括0円で月額料金740円、UQ mobileがとんでもないキャンペーン実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにau回線に本格対応した「Zenfone 3」、UQ mobileで使うメリットはこんなにも多い | BUZZAP!(バザップ!)

通信量の心配ゼロ、格安スマホ・UQ mobileの節約モード(300kbps)でポケモンGOをプレイしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

本体代込み月額2680円でポケモンGO快適プレイ、通信量ゼロの節約モードも魅力なUQ mobileのiPhone 5sで遊んでみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加