128GBが買い時、安価な大容量microSDXCカードをまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

Androidスマホに欠かせないmicroSDカードの価格が落ち着いているため、まとめてみました。

新型iPhoneなどによる需要で、またしても部品不足&価格高騰が起きるとみられている2017年下半期に突入したため、購入の決断は早いほうがいいかもしれません。詳細は以下から。

・64GBモデル
まずは多くのスマホ利用者にとって十分な容量であろう64GBモデルの中で、最もリーズナブルなサンディスクの「SDSQUNC-064G-GN6MA」。本体価格は2498円です。

価格.com – SANDISK SDSQUNC-064G-GN6MA [64GB] 価格比較

・128GBモデル
「とにかく写真をたくさん撮りたい」という人にオススメなのが128GBモデル。最もリーズナブルな東芝の「MSDAR40N128G」は4710円ですが在庫僅少。

価格.com – 東芝 MSDAR40N128G [128GB] 価格比較

サンディスクの「SDSQUNC-128G-GN6MA」も4745円で購入できます。

価格.com – SANDISK SDSQUNC-128G-GN6MA [128GB] 価格比較

見れば見るほど「あの時買っておけば良かったッ……」という気持ちにさせられる「SDSQUNC-128G-GN6MA」の価格変動履歴はこんな感じ。6月に差し掛かると少し値下がりしています。しかし今後新型スマホなどに向けてフラッシュメモリの需要が急増するとみられ、もっと安くなる保証はどこにもなく、値上がりのリスクすらあります。

・200GBモデル
カメラ機能を充実させたスマホ全盛の昨今、どうして気になってしまう200GBのmicroSDカードの最安価格は8448円。

価格.com – SANDISK SDSDQUAN-200G-G4A [200GB] 価格比較

・256GBモデル
そして世界最大容量の256GBモデルは、1万4980円になります。ここまでくるとさすがに1GBあたりの単価がとんでもないことになりますが、いつか手ごろな価格で買える日は訪れるのでしょうか……?

価格.com – キングストン SDC10G2/256GB [256GB] 価格比較

・関連記事
あまりの人気に完売続出の「Anker PowerCore Fusion 5000」レビュー、スマホ充電器とモバイルバッテリーが究極合体 | BUZZAP!(バザップ!)

Snapdragon 835/8GB RAM/デュアルカメラの「OnePlus 5」発売記念セール中、ドコモのプラチナバンドLTE対応も | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi6」特別割引や1万円台のZenfone Zoomも、GearBestが日本向け特別セール開催 | BUZZAP!(バザップ!)

外出先でも即座に充電、QC 3.0対応で安価な小型モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加