ドコモ独占の最強コンパクトスマホ「Xperia XZ1 Compact」レビュー、ようやくフラッグシップの仲間入りした「Xperia XZ1」も

このエントリーをはてなブックマークに追加

5インチオーバーのスマホが当たり前となる中、コンパクトなスマホを求める層にとって常に有力な選択肢となり続けてきたXperiaのCompactシリーズ。

本日発表された「Xperia XZ1 Compact」は、文字通りほぼ最強端末と言えるクオリティになっています。詳細は以下から。

◆Xperia XZ1をほぼそのまま小型化したXperia XZ1 Compact
これがXperia XZ1 Compact SO-02K本体。4.6インチHD(1280×720)トリルミナスディスプレイを備えたAndroid 8.0スマホで、現時点で最新となるSnapdragon 835に加えて、4GB RAM/32GB ROMを搭載。今までのCompactシリーズや昨年発売のXperia X Compactと異なり、Xperia XZ1と比べてプロセッサが格落ちすることも、RAM容量が減ることもありません。

やや丸みと厚みがあるため、かえってグリップ感が良い点もポイントです。

背面カメラはXperia XZ1と同じF2.0、1920万画素のMotion Eye。バッテリー容量も2700mAhと十分で、コンパクトモデルながら何一つ妥協していません。

シャッターを押すより前のタイミングまで撮影することで笑顔を逃さない「先読み撮影」機能も、もちろん使えます。

実際に触ってみたところはこんな感じ。一般的にスマホのディスプレイは大型化するとバッテリー消費が増え、高解像度化すると処理が重くなって更にバッテリー消費が増える傾向にありますが、そういう観点で考えた場合、小型かつサイズに見合った解像度のディスプレイを備えたXperia XZ1 Compactはバッテリー持ちが良く、末永く軽快に動作し続けてくれるモデルということになります。

カメラモジュールのサイズの問題からか、前面カメラの仕様はXperia XZ1(F2.0、約1320万画素)と異なる800万画素(F2.4)に。ただし超広角撮影モードを切り替えられるようにしてあるなど、Xperia XZ1 Compactならではの機能を備えることでカバーしています。

さらにスピーカーもCompactシリーズ史上最大音量に。まさに満を持してリリースした感があります。

カラーバリエーションは4色

Xperia XZ1 CompactとXperia XZ1を並べるとこんな感じになります。

◆ようやくフラッグシップスマホの仲間入りを果たしたXperia XZ1
続いては約5.2インチフルHD(1920×1080)トリルミナスディスプレイ搭載のXperia XZ1 SO-01K。各社から夏モデルとして発売されたXperia XZsは1つ前の世代のプロセッサ・Snapdragon 820搭載でしたが、ようやくSnapdragon 835、4GB RAM、64GB ROMを備えることでフラッグシップモデルの仲間入りを果たしました。

背面カメラはF2.0、1920万画素のMotion Eye。バッテリー容量はXpeia XZ1 Compactと同じ2700mAhで、一般的な5インチ台前半のスマホが搭載する3000mAhのバッテリーより少し小さめ。ただしそれでも昨年の夏モデル「Xperia X Performance(2570mAh)」よりは大きくなっています。




触ってみたところ。Snapdragon 835スマホらしい快適さで動作してくれます。

各種スペックをまとめるとこんな感じ。前面カメラはXperia XZ1 Compactを上回るF2.0、約1320万画素で、下り最大788MbpsのLTEをサポートしています。

Xperia XZ1も4色で展開されます。

◆AV関連の機能も充実
そして最近のXperiaシリーズで改めて振り返っておきたいのが、オーディオビジュアル周り。圧縮された音源をハイレゾ相当にアプコンする「DSEE HX」、サウンド設定を最適化する「ClearAudio+」など、おなじみの高音質化機能はもちろん……

ヘッドホンの特性を解析し、音質を最適化する「自動最適化」機能も搭載。LDACやaptX HDといった高音質ワイヤレス規格もサポートしています。

さらに手に持っていることを判別してバックライトを点灯させ続ける「スマートバックライト」

ユーザーの好みに合わせた色域とコントラスト調整に加えて、ホワイトバランスも設定できます。

動画をより高画質で視聴できる「X-Reality for mobile」も忘れてはいけません。

また、今回新たに実装した機能がこの「3Dクリエーター」。Xperia XZ1、XZ1 Compactの両方で利用できるもので、3Dプリンターでその人そっくりの立体フィギュアを作ることもできます。



ちなみにXperia XZ1、Xperia XZ1 Compactの違いをざっくり書き出すとこんな感じ。映像コンテンツをより美しく見たいか、あるいは手の中に収まる最高性能がいいか、ニーズに合わせて選んでみるのが良さそうです。

・Xperia XZ1
フルセグ対応、HDR動画視聴可能、64GB ROM、下り最大788MbpsのLTE

・Xperia XZ1 Compact
ワンセグ対応、インカメラ仕様変更(1320→800万画素、ただし超広角撮影対応)、32GB ROM

・関連記事
NTTドコモの2017年冬春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが国内最速の下り788Mbpsサービス本日開始 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがLTEを使った航空機内Wi-Fiサービスの高速化に成功、高度8700m・時速430kmで動画視聴が可能に | BUZZAP!(バザップ!)

無料の格安SIM「Japan Welcome SIM」をドコモが提供、広告閲覧でデータ量チャージや企業とのコラボも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加