本体価格13~15万とべらぼうに高い「iPhone X」月額料金を比較、最も安く使えるのはauでした

このエントリーをはてなブックマークに追加

本体価格はおよそ13~15万円、「月々サポート」などを使った実質代金でも6~8万円と、プレミアムモデルなだけあってべらぼうな高さとなっているiPhone X。

当然端末代を含めた毎月の料金も跳ね上がるわけですが、月額の維持費を最も抑えることができるのはauでした。詳細は以下から。

◆データ少量プランでもかなり高額になるiPhone X、大手3社の最安維持コストは?
まず見てもらいたいのが携帯3社のiPhone X最安維持コスト。端末購入時に全ユーザーが適用されるキャンペーン、割引などを考慮した上で、MNP・新規契約時の最安月額料金を比較してみました。

1.ドコモ(カケホーダイライト+データSパック、2GB)
端末代金(月額2853円)+通信料金(月額5940円)=月額8793円

2.au(auピタットプラン シンプル)+アップグレードプログラムEX(a)
端末代金(月額2670円)+通信料金(月額2138円)+プログラム利用料(390円)=月額5198円(スーパーカケホ適用の場合、月額5738円)

3.ソフトバンク(スマ放題ライト+データ定額 2GB+半額サポート for iPhone)
端末代金(月額1125円)+通信料金(月額7020円)=月額8145円

なお、auの月額料金は1年間1000円割り引かれる「ビッグニュースキャンペーン」適用時のもの。2年間のトータル支払額はドコモが21万1032円、auが12万7712円、ソフトバンクが19万5480円となり、auが他社と比べて7万円ほど安くなります。

最安料金を比べる都合上、ドコモとソフトバンクが2GBプラン、auがauピタットプランの月間1GB利用時の料金となりましたが、もし利用するデータ量を2GBで揃えたとしても、auの月額料金が月額1000円(2年で2万4000円)上乗せされるだけで、差額は4~5万円ほど安い計算に。

さらにドコモやソフトバンクでは2GB以上使うと1GBにつき1000円を支払う必要がありますが、auピタットプランでは旅行や出張でデータを使いすぎた月があっても支払額は膨れ上がりません。

◆本当に存在価値が分からないソフトバンクの「ワンキュッパ割」
ちなみにiPhone 8発売直前にソフトバンクが発表した、iPhoneを新たに購入し「スマ放題ライト」「データ定額ミニ 1GB」「おうち割 光セット」を組み合わせれば、月額料金が1年間1980円になる「ワンキュッパ割」でiPhone Xを契約した場合の試算は以下。今回は条件を揃えるため、光回線とのセット割を差し引いた額で計算しています。

4.ソフトバンク(ワンキュッパ割「スマ放題ライト+データ定額 1GB」)
端末代金(月額5460円)+通信料金(月額2368円)=月額8098円、2年で20万7312円

なお、ソフトバンクの他のプランでは2年経過後の機種変更時に今まで使っていたiPhone本体を引き渡せば48回払いの残債がゼロになる「半額サポート for iPhone」を使えるため、2年ごとに最新のiPhoneに乗り換えることができますが、ワンキュッパ割では利用できません。

そのため「毎月の支払額がべらぼうに上がる24回払いでiPhone Xを買い、2年後に時価で売る」「大人しく48回払いで買って4年使う」という方法しか選べないわけです。

さらにauピタットプランは利用したデータ量に応じて月額料金が変動する多段階型プランなのに対し、ソフトバンクは1GBを超過すると1GB/1000円の完全従量課金。ただただ使い勝手の悪さに悩まされますが、一体どのようなシチュエーションだとお得なのでしょうか。

◆格安スマホもそこまで安くならない
また、前述の事情は格安スマホでも変わらず、ワイモバイルSIMとSIMフリーiPhone Xを組み合わせると2年間の合計は18万6096円(24回払いの場合、別途年利5%の分割金利が必要)に。2年経過後にiPhone Xを売ればいくらかは返ってきますが、買取額がどれくらいになるかは未知数です。

5.ワイモバイルSIM(スマホプランS)
端末代金(月額5076円)+通信料金(月額2138円)=月額7214円

◆2年ごとに新しいiPhoneを安く使いたいならauピタットプランは最適
auの「アップグレードプログラムEX(a)」もソフトバンクの「半額サポート for iPhone」も、2年経過後も同じ携帯電話会社を使い続けることが前提の割引であるため、使いづらい部分もありますが、「純粋に毎月安い料金で最新iPhoneを使いたい」というのであれば、検討する価値は十分にあります。

また、auピタットプランは利用料金の安さ、「データを使いすぎた月でも困らない」という使い勝手の良さで抜きん出ており、WiMAX 2+ルーターを組み合わせれば「スーパーデジラ」はもちろん、「ウルトラギガモンスター」を遙かに上回る大容量データ通信をiPhoneとのセット割引で安価に楽しむことも。

「最新iPhoneをキャリア品質の回線、格安スマホと変わらない料金で使いたい」というのであれば、auピタットプランでiPhone 8/iPhone Xを契約するのが、今のところ最良の選択肢だと思われます。

・関連記事
格安iPhoneに異変、ワイモバイル版「iPhone 6s」よりauの「iPhone 8」が安くなる異例の事態に | BUZZAP!(バザップ!)

毎晩激遅になるフレッツ光の代わりにWiMAX 2+ホームルーター「novas Home+CA」を指名買いすべきワケ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 8の月額料金を携帯各社の新旧プランで比較、ライトユーザーはau一択&ウルトラギガモンスターよりWiMAX 2+とのセットが有利に | BUZZAP!(バザップ!)

オール日本勢で攻めたUQ mobile/UQ WiMAXの2017年秋冬モデル発表会まとめ、スマホの性能やルーターの通信品質底上げも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加