わずか69グラムで10時間駆動、爆速起動のモバイルWiMAXルーター「Mobile Cube」

このエントリーをはてなブックマークに追加



パソコンやタブレット、スマートフォン、ゲーム機など、無線LANに対応したあらゆる機器を外出先で手軽にインターネット接続できることから人気を集め、今や携帯電話各社がこぞってリリースしているモバイルルーター。

通信速度や本体サイズ、バッテリー持続時間など、使い勝手を左右する部分は多々ありますが、国内最小最軽量、さらに高速起動が可能で国内最長の10時間駆動を実現したとんでもないモバイルルーター「Mobile Cube」が登場しました。

詳細は以下から。



(PDFファイル)“4つの業界一”を備えたWiMAX Wi-Fi モバイルルーター『Mobile Cube(モバイルキューブ)』を12月1日より予約販売開始

ネットワークコンサルティング社のプレスリリースによると、同社はUQコミュニケーションズが提供する下り最大40Mbpsの高速通信サービス「UQ WiMAX」に対応したモバイルルーター「Mobile Cube」の予約受付を12月1日から開始するそうです。

「Mobile Cube」は国内最小となる縦67mm×横67mm×厚さ14.2mmの本体サイズ、国内最軽量となる約69グラムの本体重量に加えて、国内最長となる約10時間駆動、そして電源を入れてから約5秒で無線LAN機器と接続可能になるという「4つの業界一」を実現したモデル。IEEE802.11 b/g対応無線LANをサポートしており、同時接続可能台数は8台。ACアダプタ利用時の充電時間は3時間となっています。

本体のサイズや重さ、バッテリー駆動時間、そして「電源を入れてからネットに繋がるまでが遅い」といった、ユーザーがモバイルルーターに抱きがちな不満をほぼ全て解消しているのが大きな特徴です。


製品情報ページは以下。

Concept|MobileCube|(株)ネットワークコンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加