ついに地下鉄のトンネル内で携帯電話を利用可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



トンネル内では電波が入らないため、地下鉄で通勤・通学している人々にとっては「トンネル内でメールを作成し、駅に入った途端に送信」などの光景は当たり前でしたが、ついに地下鉄のトンネル内で携帯電話を利用できるようになります。

「駅に着いた途端メール受信が開始されたものの、受信し終える前にトンネルに入ってしまった」といったイライラからも解消されるなど、利用者にとって非常に大きなメリットがもたらされることになりそうです。

詳細は以下から。



都営地下鉄の列車内で携帯電話サービスがご利用いただけるようになります。 | 東京都交通局

(PDFファイル)当社トンネル内における携帯電話利用サービスの提供について

東京都交通局(都営地下鉄)および東京地下鉄株式会社(東京メトロ)のリリースによると、2012年3月から地下鉄のトンネル内で携帯電話を利用できるようにするそうです。

これはNTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムなどの携帯電話・PHS各社が加盟している社団法人「移動通信基盤整備協会」が整備することで実現するもので、2012年12月までにほぼ全線のトンネル内で各社の携帯電話やPHSを利用できるようになるというもの。

なお、サービス開始時点では東京メトロ南北線の本駒込~赤羽岩淵駅間都営地下鉄新宿線の新宿~九段下駅間で利用できるとされています。

ちなみに地下鉄のトンネル内での通信についてはKDDIの子会社、UQコミュニケーションズが2011年12月末から都営地下鉄三田線の大手町駅を皮切りに、都営地下鉄各線各駅およびトンネル内で「UQ WiMAX」を利用できるよう整備することを発表しており、携帯電話各社に先駆けて利用できるようになります。

つまりWiMAXに対応した「HTC EVO 3D ISW12HT」などのスマートフォンを利用していれば、先行して整備される高速なWiMAX通信を地下鉄のトンネル内で利用できる上に、携帯電話網の整備が進むにつれて、今度は用途に応じて回線の種類を選べるようになるため、地下鉄ユーザーにとっては非常に便利になるというわけです。

ほぼすべての繁華街やビジネス街へのアクセスをカバーするなど、東京以上に地下鉄への依存度が高い大阪では、このような施策への需要がさらに高いと考えられるため、今後の整備状況に期待が寄せられそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加