世界一巨大なにんじん好きの昆虫がニュージーランドで発見される

このエントリーをはてなブックマークに追加



ネズミの3倍の重さを持つ巨大な昆虫が発見されました。このニュージーランドに生息する「ジャイアント・ウェタ」というカマドウマの仲間は世界最大の昆虫とされますが、今回見つかったのはその中でも最大の固体です。



Weta insect: Heaviest in the world weighs 3 times more than a mouse | Mail Online:

発見されたのはニュージーランドのリトル・バリア島。アメリカ人の元自然保護官、マーク・モフェット氏が2日間森の中を歩き、偶然見つけることができました。現在このジャイアント・ウェタははニュージーランド本島では既に見ることができず、この島の中にだけ生息している貴重な種です。



この昆虫は非常におとなしく、モフェット氏の手から直接にんじんを食べ、一本をあっという間に平らげたということ。重さを量ると71gとツバメよりも重く、ネズミなら3匹分の体重で、世界でもっとも重い昆虫に認定されました。


このエントリーをはてなブックマークに追加