超高輝度液晶にGeForce搭載、「OPTIMUS X IS11LG」フォト&動画レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIの2012年春モデルでは、さまざまな利用シーンに合わせた新機種が発表されていますが、片手で扱えるサイズ、日光の下でも見やすい高輝度ディスプレイと普段使いの便利さを重視したのに加えて、グラフィック処理用にPCでおなじみの「GeForce」チップを搭載したLG製のデュアルコアCPUスマートフォン「OPTIMUS X IS11LG」です。

OPTIMUS X IS11LG。4インチのIPS液晶(480×800ドット)はかなり明るく、日光の下でも手で影を作ったりせずに見ることができます。実際、展示台ではかなり明るい照明が使われていましたがまったく問題なく見ることができました。


上部。電源ボタン、HDMIコネクタ、3.5mmのイヤホンジャック。片手で扱うのに適した幅に収められました。


HDMIコネクタはカバー付き。


左側面


右側面はボタンなし。


底面にはUSBコネクタが


ホワイトとブラック、色だけでなく若干表面の仕上げが違います。ブラックのほうがよりつやの少ない仕上がり。


SIMスロット、microSDカードスロット、容量1500mAhのバッテリー。


各機能や特徴の説明はこちらから。デュアルコアのCPUにグラフィック処理用のチップ「GeForce」を搭載し、かなり軽快に動作していることが分かります。
KDDI2012年春の新機種、「OPTIMUS X IS11LG」の機能説明 - YouTube


また、独自の機能としてPCとの連携機能「LG On-Screen Phone」を搭載。USBケーブルの他、bluetoothやWi-Fi経由で接続して、PCからスマートフォンの各機能を操作できます。カバンやポケットにスマートフォンを入れたまま、PC上からメールを送ったりという使い方が可能です。

実際のデモはこちらから。
KDDI2012年春の新機種、「OPTIMUS X IS11LG」とPCをシンクロさせてみる - YouTube


・関連記事
次期iPhoneは3Dインターフェースを搭載し、ジェスチャー操作にも対応か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加