地球で最も写真が撮られている場所が一目でわかる「Sightsmap」

このエントリーをはてなブックマークに追加



常に持ち歩くスマートフォンやフィーチャーフォンにカメラ機能が標準搭載されてからというもの、日常的に写真を撮る機会はとても多くなりました。今この瞬間も世界中のあらゆる場所でシャッターが切られています。では、地球で最も写真が撮られている場所、国、地域は一体どこでしょうか?

Sightsmap」は、Googleが提供している写真共有サイトPanoramioにアップロードされた膨大な量の写真から地域情報を収集し、それらをヒートマップとして生成するGoogle マップアプリです。

こんな感じで、撮影された回数が多い場所ほど黄色くなっています。要するに観光地の世界人気度ランキングみたいなものですね。


トップ5やトップ10など、人気の撮影スポットだけに目印を付ける機能もあります。画像はトップ5の場合です。


ちなみにトップ5の場所はこうなっています。

・ニューヨークのマンハッタン、ラジオシティミュージックホール近辺(50th Street 74)
・スペインのバルセロナ、ポンペウファブラ大学の近く(Cataluna アンチャ通り27)
・フランスのパリ、イル=ド=フランスマルティル通り61近辺
・イタリアのローマ、マルクス・アウレリウスの記念柱近く(ラツィオ Piazza di Pietra)
・トルコのイスタンブル、海上(?)


Google マップのストリートビューでトップ5の場所を見てみたものの、特に目立たない通りだったり、何もない海上を指していたりしました。どうやら精度はあまり高くないようです。あくまで大雑把に人気のスポットがわかる、というくらいに認識しておいた方がよさそう。

ちなみに日本は東名阪を中心にかなり黄色いです。


また、実際にその場所で撮影された写真を見ることもできます。


・関連記事
双子の顔面を思う存分見比べられるプロカメラマンの美しい写真 | BUZZAP!(バザップ!)

干上がった荒野を埋め尽くす「蠍草」の美しすぎる一斉開花、ただし悪臭がひどい上にかぶれます | BUZZAP!(バザップ!)

世界各地の退廃的なアヘン中毒者たちを記録した100年前の写真 | BUZZAP!(バザップ!)

クマやキリンなど、とびきりキュートな動物の赤ちゃんを正面からアップで捉えた写真 | BUZZAP!(バザップ!)

AmazonやYahoo!など、超有名ウェブサイトの初期デザインまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加