視聴者数1億6000万人、「スーパーボウルのハーフタイムショー」でのマドンナ(53)が豪華すぎて圧巻

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年度はアメリカ国内だけで1億6200万人が視聴したとされているなど、毎年全米の最高視聴率を記録するお化けスポーツイベント「スーパーボウル」では、前半と後半の間に「ハーフタイムショー」として有名歌手によるミニコンサートが行われます。第46回目の今年は“ポップスの女王”とも称されるあのマドンナ。今年で53歳という年齢ですが、恐らく世界最高に予算がかかっているであろう豪華絢爛なステージで全米を魅了しました。

Pop Superstar MADONNA at Super Bowl XLVI, HALFTIME Show - YouTube


現地時間の2月5日に米インディアナ州で開催されたマドンナによるスーパーボウルのハーフタイムショー。オリンピックの開会式を彷彿とさせるほどに豪華なショーにはシルク・ドゥ・ソレイユのメンバーをはじめとした多数のダンサーやチアリーダー、超巨大なモニター、多数のゲストアーティストなど、ハーフタイム史上最大規模とも言われています。

曲目は「Vogue」「Music」「Like a Prayer」といった大ヒット曲をベースに、ゲストアーティストLMFAOによる人気曲「Party Rock Anthem」「Sexy and I Know It」とのマッシュアップ、ニッキー・ミナージュM.I.A.も参加した新曲「Give Me All Your Luvin」、シーロー・グリーンと共に「Open Your Heart」「Express Yourself」を「Like a Prayer」に盛り込むなど、初心者にも優しいヒットパレードとなっていました。

明らかにリップシンク(いわゆる口パク)の箇所が多数見受けれられはしたものの、年齢を感じさせない豪華なパフォーマンスには“ポップスの女王”の貫禄十分。ちなみに、マドンナと同い年のアーティストにはマイケル・ジャクソンとプリンスがいます。

・関連記事
マイケル・ジャクソンやストーンズ、ニルヴァーナなどの名盤が発売された当時の発掘TVCM集 | BUZZAP!(バザップ!)

頭だけで高速回転する技「ヘッドスピン」中にフラフープもグルグル回す日本人ダンサー | BUZZAP!(バザップ!)

ノリノリの演者が舞台を動きまくる「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ」が伝える音楽の楽しさ | BUZZAP!(バザップ!)

あのロック名盤ジャケットから亡くなったバンドメンバーだけを抜くとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

ザ・ビートルズのメンバーによるソロアルバムベスト10 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加