電波が入りやすいモバイルWiMAXルーター「Aterm WM3600R」が公式ショップで発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



モバイルルーターとして初めてWiMAXの送信出力を2倍に向上した「WiMAXハイパワー」に対応したことで、従来よりもいっそうつながりやすく、途切れにくくなった「Aterm WM3600R」をUQ WiMAXが公式販売することが発表されました。



UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社の公式通販サイト「UQ WiMAXオンラインショップ」において、2012年2月10日(金)10時からモバイルルーター「Aterm WM3600R」およびホームルーター「Aterm WM3450RN」を販売するそうです。

「Aterm WM3600R」本体。モバイルルーターとしては国内最長クラスとなる最大10時間の連続駆動や、休止状態からWi-Fiが利用できるまで約15秒のクイック起動、「BBモバイルポイント」「UQ Wi-Fi」「Wi2 300」「ホットスポット」などの公衆無線LANとの自動切り替え機能などを備えたモデルです。


左側面にmicroUSB端子とクレードル接続用端子があります。


別売りのクレードル。


クレードルに設置したところ


クレードルの背面には背面には有線LAN端子があり、パソコンなどを接続できるという仕組み。


旧モデル「Aterm WM3500R」と並べたところ。


「Aterm WM3500R」と比較して「Aterm WM3600R」の方が薄く、スリムになっていることが分かります。なお、「Aterm WM3500R」の本体サイズは95×70×12.8mm。重さは110グラムです。


こちらはピンクモデル


カラーバリエーションは3色となります。


UQコミュニケーションズの公式ページは以下。

Aterm WM3600R/Aterm WM3450RN|UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット


・関連記事
エリア拡大や3Gも使える新端末など、200万契約が見えてきたUQ WiMAXの「今」 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪市営地下鉄、福岡市営地下鉄でもWiMAX対応が協議中 | BUZZAP!(バザップ!)

エリア一気に全国区、UQ WiMAXがau回線も使えるルーター「Wi-Fi WALKER DATA08W」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加