リオのカーニバルでも人気、原色のチューブが踊り蠢くヴェニアミンのショー「ヒューマン・スリンキー」

このエントリーをはてなブックマークに追加



とにかく虹色の原色に輝くチューブ状の物体がダンスミュージックに合わせて動きまわります。中の人がいるのは理解できるのですが、人間と非人間の動きの間にある不気味の谷を行ったり来たりしているような、内臓にぐっとくる動きです。

物体のひとつは筒状、もうひとつは手足のあるちょっと人間を感じさせるつくり。


形を変え、ねじれながら動き回ります。


人間から非人間へ。そしてその逆。不気味の谷を行ったり来たりする様はまさにサイケデリック。内蔵感覚にぐねぐねと訴えかけてきます。


このパフォーマンスはルーマニアのアーティスト、ヴェニアミンの「ヒューマン・スリンキー」。元ネタはバネ状のオモチャの「スリンキー」です。遊んだことのある人にはぴんと来るはず。


By Tim Ebbs

見た目の幻惑的な色彩とこの流れるようにして微妙に気持ちの悪い動き、ぜひ体験してみて下さい。

This Is An Entertainment, Insomnia Cure. - YouTube


ちなみにこのヴェニアミン、今年のリオのカーニバルにも出演してウィナーの1人になっています。


Carnival's 2012 winners Photos Rio de Janeiro Samba schools

・関連記事
幻覚の中に飛び込んだかのような虹色の渦に巻き込まれるジェン・スタークのめくるめく立体切り紙作品たち BUZZAP!(バザップ!)

超高度情報化社会を彷彿とさせる無限の蜘蛛の巣を描いたスィリアック(Cyriak)の新作映像「cobwebs」 BUZZAP!(バザップ!)

マルティン・クリマスの最新作、大量の絵の具と音楽で創り上げられたきらびやかな一瞬のオブジェ BUZZAP!(バザップ!)

流木で形作られた、あまりにもリアルで美しい馬の彫刻 BUZZAP!(バザップ!)

これは一見の価値あり、とてつもなく緻密な盆栽ジオラマを生み出す相羽高徳の世界 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加