「eneloop Mobile Booster」「Charge Pad」に新型登場か、品薄が顕著に

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマートフォンや携帯ゲーム機、モバイル無線LANルーターなどをバリバリ使う人にとって欠かせない存在となりつつある、外付けバッテリー。

特に「eneloop Mobile Booster」や「Charge Pad」が有名どころですが、在庫状況が気になる動きを見せていることが明らかになりました。



◆「eneloop Mobile Booster」「Charge Pad」とは?
いずれも三洋電機を吸収したパナソニックが発売している外付けバッテリー。

一般的なスマートフォンを数回充電できる5400mAhの大容量バッテリーに加え、1.5Aの高速充電にも対応した2つのUSBポートを搭載。充電端子にmicroUSBを採用することで、一般的なスマートフォンの充電器からも充電できるというスグレモノです。

スマートフォンも外付けバッテリー本体も気軽に充電できます。


上記のスペックに加え、さらに充電パッドに置くだけで充電できる無接点充電技術「Qi」にも対応したのが「Charge Pad」です。さらにカラーバリエーションも2種類。


◆品切れが顕著に
価格.com - パナソニック Charge Pad QE-PL201-W 価格比較

価格.com - パナソニック Charge Pad QE-PL201-K 価格比較

価格.com - 三洋電機 eneloop mobile booster KBC-L54D 価格比較

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2012年3月29日16:00現在、パナソニックの外付けバッテリー「Charge Pad QE-PL201」の在庫がある店舗が少なくなっているほか、「eneloop mobile booster KBC-L54D」にいたっては3店舗しか取り扱いがなく、価格も高騰しています。

「Charge Pad QE-PL201-W」の取扱店舗。在庫状況について「問い合わせ」が散見されます。


◆いよいよ新型発売か
あくまで一時的な品切れと考えられなくもありませんが、やはり気になるのは「新型が登場するのではないか」という点。現行モデルの「Charge Pad QE-PL201」が2011年4月20日に発表され、1年近くが経過していることを考えると、近いうちに新型が発表される可能性も考えられるため、特に急を要するのでなければ、現状の品薄に焦らず、新型登場を待ってみるのも良さそうです。

・関連記事
まさかの駆動時間1時間台、前代未聞のモバイルルーター「ULTRA WiFi BB SoftBank 101SB」登場 | BUZZAP!(バザップ!)

9時間駆動の「Pocket WiFi LTE」登場、「GL01P」「GL02P」フォトレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

より広いエリアでWiMAXを使える「Aterm WM3600R」登場、最大10時間駆動や約15秒のクイック起動も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加