ニュージーランドの丘に現れた合成写真のような巨大な紙切れのオブジェ「Horizons」

このエントリーをはてなブックマークに追加



二次元とと三次元の合成、映像作品では見慣れた手法かもしれません。でも気持ちのいいニュージーランドの丘の上にこんなものが乗っていたら?

Horizons, Giant Steel Sculpture on a New Zealand Hilltop

この「Horizons」を作ったのはニュージーランドのアーティスト、ニール・ギブソン氏。風になびく紙のように見えますが金属を使ったオブジェ。その日の空模様を移しながら鎮座しています。



オブジェが置かれている丘は実はただの丘ではなく、アラン・ギブス氏という人物の作った私設アートパーク「The Farm」。これ以外にも様々な作品の設置されています。

Gibbs Farm




このアートパークはオークランドから80km程度北のカイパラ湾エリアにありますが、少々風変わりで事前予約でのみ入場可能で、週末や祝日には開いていません。訪れてみたい場合は下記サイトのコンタクトフォーム(英語)から事前に連絡を取ってご予約下さい。入場料は基本無料でドネーション形式となっています。なお、敷地が広いためしっかりした運動靴が必須とのこと。

Gibbs Farm Contact

レンタカーを借りてドライブしながらの訪問。旅行のオプションとしていかがでしょうか?

・関連記事
天地創造を思わせる画像編集の過程を描いたジェシー・ニューマンのスピリチュアルな映像作品「リバース・オブ・ガイア」 BUZZAP!(バザップ!)

宮沢賢治の詩を思い出すようなネオンで光るガラスの内蔵「アナトミカル・ネオン」 BUZZAP!(バザップ!)

幻覚の中に飛び込んだかのような虹色の渦に巻き込まれるジェン・スタークのめくるめく立体切り紙作品たち BUZZAP!(バザップ!)

超高度情報化社会を彷彿とさせる無限の蜘蛛の巣を描いたスィリアック(Cyriak)の新作映像「cobwebs」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加