ASUSの正式な呼び方が「エイスース」に、「アスース」から変更

このエントリーをはてなブックマークに追加



ネットブック「EeePC」シリーズや、GoogleのAndroidタブレット「Nexus 7」の製造元としても知られるASUSの正式な呼び方が「エイスース」になることが明らかになりました。



ASUSのプレスリリースによると、ASUSTeK Computer Inc.の略称およびブランド名である「ASUS」の呼称が10月1日(月)から「エイスース」に統一されるそうです。

また、ASUSTeK Computer Inc.の日本法人である「アスース・ジャパン株式会社」は、「ASUS JAPAN株式会社」に社名変更するとのこと。今回の呼称変更は「グローバルでの発音の統一とA+の企業を目指すという思いから」とされています。

アサス、エイサス、アスース……とユーザーからさまざまな呼ばれ方をしていたものの、発表会などでは「アスース」という呼称を用いていた「ASUS」ですが、今後は「エイスース」と呼ぶのが正式であることになります。

・関連記事
100円パソコンとして一世を風靡した「ネットブック」終了へ | BUZZAP!(バザップ!)

ついにノートパソコンが2万5000円台まで値下がり、高性能モデルも値ごろに | BUZZAP!(バザップ!)

「7.85インチiPad(仮)」はすでに製造開始、価格は3万円を切る見込み | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加