ソフトバンク版iPhone 5に課された「1.2GB制限」の緩和が検討段階に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルがiPhone 5に課している「1.2GB制限」の緩和を検討していることが明らかになりました。



Twitter / masason: 検討します。 RT ...


孫正義氏の公式Twitterによると、ソフトバンク版iPhone 5が容量制限無しで通信できる代わりに導入している「前々月の通信量が1.2GBを超えたら、当月の通信速度を制限する場合がある」という制限の緩和を検討するそうです。

「1ヶ月あたり1.2GB以上」という基準は1日あたりに置き換えると約40MB程度にとどまり、仮に「Softbank 4G LTE」の理論値の10分の1の速度(7.5Mbps)で通信した場合、1日あたり42秒通信すれば対象となることから、多くのユーザーが該当しかねません。

つまり必然的にソフトバンク版iPhone 5ユーザーの多くは購入3ヶ月目から通信速度が制御される可能性があったわけですが、どれだけ基準が緩和されるのかが気になるところです。

・関連記事
Xi・au 4G LTE・Softbank 4G LTE・EMOBILE LTE・Softbank 4G・UQ WiMAXの通信量、速度制限まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5の「速度制限無し」の文字、ソフトバンク公式ページから消える | BUZZAP!(バザップ!)

「Softbank 4G LTE」の対応エリア、住所リストでチェック可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加