なんとYahoo!JAPANとGREEが包括的業務提携、DeNAやKDDIに衝撃も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクグループの国内最大手ポータルサイトで「Yahoo!JAPAN」と大手ソーシャルゲームの「GREE(グリー)」が包括的業務提携に関する契約を締結しました。



ヤフー株式会社およびグリー株式会社が連名で発表したプレスリリースによると、両社は本日2012年11月8日に包括的業務提携に関する契約を締結したそうです。

今回の提携によって、スマートフォン利用者の78%が利用している日本最大級のインターネットメディア「Yahoo! JAPAN」を運営するYahoo! JAPANと、日本で最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」を運営するグリーは、ユーザー基盤やコンテンツの拡充等を通じて、相互の事業発展や競争力の強化を目指すとのこと。

また、Yahoo! JAPANのメディアパワーと決済機能、グリーのソーシャルゲームなどのコンテンツを活用することでシナジー効果を発揮し、インターネットおよびエンターテインメント領域において、新たな価値を提供していくとしており、提携の詳細については以下の通り。

1.ソーシャルゲーム領域における連携
・スマートフォン版「Yahoo! JAPAN」トップページ等から「GREE」上のソーシャルゲームへの誘導
・「GREE Platform」における決済手段のひとつとして「Yahoo!ウォレット」を採用
・「Yahoo!ポイント」の連携について協議
・「GREE Platform」におけるデベロッパー新規開拓の推進
・ソーシャルゲームの共同開発ならびにその開発を目的とした法人の共同設立について協議

2.コンテンツの相互活用や共同支援における連携
・グリーが有する各種エンターテインメントコンテンツやオリジナルIPをYahoo! JAPANグループの各種サービスで活用することを協議
・Yahoo! JAPANが有する各種エンターテインメントコンテンツと「GREE」のSNSとの連携、「GREE Platform」を通じたグローバル展開について協議
・映像デジタルコンテンツへの投資を目的とした法人の共同設立について協議
・共同で新たなエンターテインメント事業を開始することについて協議

3.CSR活動における連携
・日本における社会貢献活動への共同協賛について協議
・インターネット技術の発展やそれを支えるエンジニア、クリエイターの育成を目的とした各種活動の共同支援

ゲームにとどまらず、映像コンテンツなどへも手を広げることとなる今回の提携ですが、やはり気になるのがすでにYahoo!JAPANと提携して「Yahoo!モバゲー」を展開していたDeNA。同社はYahoo!JAPANだけでなく、NTTドコモとも業務提携を行っていました。

しかし、今年10月に行われた発表会においてNTTドコモが自らソーシャルゲーム事業へと参入することを表明しており、さらにYahoo!JAPANがGREEと手を結ぶこととなったため、DeNAの舵取りがどうなるのかに注目が集まります。

さらにGREEも2006年から提携していたKDDIを尻目にYahoo!JAPANと包括的業務提携を結ぶこととなったため、今回の発表は残されたKDDIおよびDeNAに少なからず影響を与えることとなりそうです。

・11月9日追記
なんとYahoo!JAPANが疎遠になるかと思われていたDeNAとの提携を強化することを発表しました。これによりYahoo!JAPANはGREEとDeNAの両方と手を組むことになります。

Yahoo!JAPANがDeNAとも業務提携を拡充、「Yahoo!モバゲー」がスマフォにも拡充 | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
実はかなりお買い得、ソフトバンクがイー・アクセスを買収した狙いを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが緊急記者会見を実施、スプリントの戦略的買収を発表 | BUZZAP!(バザップ!)

第4世代iPadとiPad miniも「プラチナバンド版LTE」非対応、KDDIとソフトバンクによるSIMロック紛争勃発か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加