ついにマジコンの輸入禁止が確定、広告掲載などが犯罪幇助の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ニンテンドーDSなどでコピーしたゲームをプレイできるようになる「マジコン」と呼ばれる機器の輸入が禁止されることが確定しました。



不正競争防止法に違反する物品の輸入差止申立てが受理されました-ニンテンドーDS の技術的制限手段回避装置に関する水際措置について-(METI/経済産業省)

経済産業省の報道発表資料によると、「マジコン」と呼ばれるニンテンドーDSの技術的制限手段を回避する装置について、11月21日付けで任天堂からの輸入差し止め申し立てが税関に受理され、全国の税関で差し止め対象に追加されたそうです。

これは事実上マジコンの輸入を禁止するもので、当該物品の広告掲載やインターネット上での紹介、販売サイトへのリンクなどについても、個別取引のあっせんに該当する場合は、幇助行為として損害賠償や刑事罰の対象となる可能性があるとのこと。

また、以下のようにマジコン以外にもPSPやWii、B-CASのコピーコントロールなどを回避する装置やプログラムの提供行為により刑事罰が適用された事例が発生しており、このような提供行為に加担するような行為についても慎むよう、促されています。

(別紙)技術的制限手段回避装置・プログラムとして裁判で認められた例

・関連記事
映像に埋め込んだデータをスマートフォンで受信できる「映像媒介通信技術」 | BUZZAP!(バザップ!)

同人誌の違法アップロードを抑止する「同人Bz」公開、総合情報サイトとしての活用も | BUZZAP!(バザップ!)

総務省、WinnyやShareなどのP2Pソフトで違法ファイルに見せかけた注意喚起文を流通へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加