PS Vitaがnasne本格対応、タッチ操作や無線LAN経由での番組試聴・書き出しも可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーの次世代携帯ゲーム機「PS Vita」が、USB外付けHDDにも対応した3波対応ネットワーク録画機器「nasne」に本格対応することが明らかになりました。



ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレスリリースによると、同社は2012年12月20日(木)から「PlayStation Store(PS Store)において、PS Vita向けテレビアプリ「torne PlayStation Vita」を配信するそうです。

これはPS3用TVアプリケーション「torne」のスピーディーな操作感はそのままに、PS Vitaのタッチ操作にも対応し、番組表やビデオリストなど、あらゆる場面でより直感的な操作を楽しむことができるというもの。さらにnasneに録画されたテレビ番組をPS VitaのメモリーカードにWi-Fi経由で書き出すことも可能。

また、2012年12月20日(木)から2013年2月27日(水)までの間、同アプリケーションを0円(通常価格800円)で配信するキャンペーンを実施するとしています。

メイン画面。PS3版とほぼ同じものです。


方向キーやボタンだけでなく、タッチ操作できるインターフェースを採用。


番組表はドラッグやフリック、ピンチイン・ピンチアウトといった拡大・縮小、スクロールなども可能。


テレビをWi-Fi経由で試聴できるのも「torne PlayStation Vita」の強み。高画質な5インチの有機ELディスプレイでテレビ番組や録画番組を快適に視聴できます。


Wi-Fi経由での番組書き出し。ケーブル不要で使えるというのはなかなか便利なのではないでしょうか。


・関連記事
フルHD液晶搭載の「究極のXperia」登場か、コードネームは「odin(オーディン)」 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにPS Vitaが破格の約1万6000円で販売開始、ソフトやメモリカードも込み | BUZZAP!(バザップ!)

PS3の累計販売台数が7000万台を突破、なんとPS Moveの販売は1500万台に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加